Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
YaPN アップデート version 0.0.5で文字化け回避
↓X02NK(N95)でのスクリーンショット
kensaku.jpg

skyblue.me.ukさんが配布されている「 YaPN - Yet another Proxy for Nokia」のバージョンが0.0.4から0.0.5にアップデートされました。

このアップデートによりそれまで発生していた「検索時の文字化け」が回避され、問題なく検索が可能となりました。

skyblue.me.ukさんのこちらの記事から最新バージョンがダウンロードできます。

バージョン0.0.4の時のYaPNのインストールや設定の情報はこちらの記事にも載せていますので参考にして下さい。
スポンサーサイト
X02NK Google Maps バージョンアップ v2.1.0.12
Screenshot0002.jpg

X02NKにインストールしているGPSアプリ 「Google Maps 」がバージョンアップしました。

体感速度が早くなったような気がします。
検索結果も今まで以上に細かく検索出来るようになりました。

ダウンロードは、URLは、
http://www.google.co.jp/gmm
端末から直接ダウンロード出来ます。
X02NK Rotateme 導入。加速度センサーでiPhoneのようにランドスケープ・・・
X02NKに「Rotateme」を導入しました。

Screenshot0021.jpg

Screenshot0022.jpg

Screenshot0023.jpg

X02NKにはiPhoneやiPod touchのように加速度センサーが付けられています。

それを利用して画面を横に傾けると画面が自動的にランドスケープモードに、縦に戻すと画面もポートレートモードに戻るというアプリです。

ダウンロードはこちらのサイトから。(要ユーザ登録)

・N95AccelerometerPlugin.sis
・rotateMe_2_10_beta2_unsigned.sis

の2つをダウンロードします。

rotateMe_2_10_beta2_unsigned.sisのみ要Open Signed作業。

Symbian SignedサイトでのOpen Signedのやり方は前記事「X02NK YaPN 導入。Yahoo!ケータイ利用可能に」の「手順1」を参考にしてください。

先にN95AccelerometerPlugin.sisをインストールしてからOpen Signed済みのrotateMe_2_10_beta2_unsigned.sisをインストールして下さい。

このアプリ結構使えます。
X02NK、まだまだ色々と楽しめそうです。

X02NK YaPN 導入。Yahoo!ケータイ利用可能に
X02NKに、YaPNを導入しました。
同機はPCサイトは見れるけど「Yahoo!ケータイ(携帯サイト)」の利用は不可でしたが、YaPNを導入することにより、利用が可能になります。

Screenshot0014.jpg

Screenshot0015.jpg

以下に私のMac OSXでの導入手順を記していきます。
下記作業される方はあくまで自己責任でおこなわれますようお願いします。

まず、YaPNを利用するには下記アプリの導入と設定が必要となります。

1. YaPN_0_0_4_unsigned_no_uid.sis : skyblue.me.ukさんのサイトのこの記事よりダウンロード。

2. yapn.conf : これもskyblue.me.ukさんのサイトのこの記事よりテンプレートをダウンロード。

3. appswitch103_unsigned_devcertfree.SIS : このページよりダウンロード。どこにダウンロード用のリンクがあるか分かりにくいので直リンクはこちらです。

4. PythonForS60_1_4_3_3rdEd.SIS : こちらよりダウンロード。

上記の内、1と3は後ほど記す手順でSymbian SignedサイトにてOpen Signedを行います。
2は後ほど記す内容に書き換えます。

手順1 :「YaPN_0_0_4_unsigned_no_uid.sis」のOpen Signed。
Symbian SignedサイトのOpen Signedのページへ

ピクチャ 2

「Open Siged Online」をクリック。

ピクチャ 2

Application informationを入力していく。
・「IMEI number」 : 端末シリアル番号(*#06#で表示)を入力
・「Email」 : Emailアドレスを。
・「Application」 : 「ファイルを選択」をクリックして「YaPN_0_0_4_unsigned_no_uid.sis」を選択。
・「Capability information」 : 「Select all」をクリック。
・次の欄 : グレー調の画像で表示されている英数字を入力
・「Accept legal agreement」 : チェックを入れる。
・「Send」を押し、「Success」と表記されればOK。

「Open signed confirmation email」という件名でメールが届きます。
その中にあるConfirmation Linkにアクセス。
するとしばらくしたら「Open Signed application signed notification」というメールが届きます。
この中にある「Download link」にアクセス。
以上でOpen SignedされたYaPNがダウンロードできます。

手順2 : 手順1同様の手順で「appswitch103_unsigned_devcertfree.SIS」をOpen Signedしてダウンロード。

手順3 : yapn.confをテキストエディタ等で以下の記述どおりに書き換える。

wap-proxy: vfkkwapproxy.vodafone.ne.jp
wap-proxy-port: 8080
mms-proxy: vfkkmmsproxy.vodafone.ne.jp
mms-proxy-port: 8080
mms-server: mms
User-Agent: Vodafone/1.0/V702NK/NKJ001 Series60/2.6 Nokia6630/2.39.148 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
x-wap-profile: http://nds1.nds.nokia.com/uaprof/N6630r100.xml

書き換え後、ファイルの拡張子に注意。「.txt」と付いていれば取り除きファイル名を「yapn.conf」とする。

手順4 : X02NKの外部メモリ「E」に「Python」というフォルダを作りその中に手順3で作成した「yapn.conf」を入れる。

手順5 :「PythonForS60」と Open Signedした「YaPn」「appswitch」の各種ファイルをX02NKにインストール。
私はMacBookからBluetoothを使用してファイルを送信してインストールしました。

手順6 : 端末のアクセスポイントを作成します。
メニュー>ツール>設定>接続>アクセスポイント>オプション>新規アクセスポイントから、YaPN用のアクセスポイントを作成。

Screenshot0017.jpg

Screenshot0018.jpg

・接続名 : 「VFJPなど」(何でも可)
・データアベラ : 「パケット接続」
・アクセスポイント名 : 「mailwebservice.vodafone.ne.jp」
・ユーザ名 : 「vodafonelive」
・パスワード確認 : 「いいえ」
・パスワード : 「qceffknarlurqgbl」
・認証 : 「安全」
・ホームページ : 「http://ptl/menu/」
と入力。

次にオプション>詳細設定より

Screenshot0019.jpg

Screenshot0020.jpg

・ネットワークタイプ : 「IPv4」
・電話機IPアドレス : 「自動」
・DNSアドレス : 「自動」
・プロキシサーバアドレス : 「127.0.0.1」
・プロキシポート番号 : 「1234」
と入力。

以上で設定完了。

YaPNを起動し、StartProxyを選択。
デフォルトアクセスポイントを選択する画面が出る場合があります。
その際は先ほど作成したアクセスポイント(上記だとVFJP)を選択。

インターネットを開き、VFJP経由でURL「http://ptl/menu/」を入力すればYahoo!ケータイが利用可能になります。

初期設定ではインターネットの接続がApplication Connectionになっています。
インターネット>オプション>設定>一般のアクセスポイントを「常に確認」にしておきます。

以上、覚え書きということで・・・

追記:文字入力の検索結果などで文字化けが起こるようです。原因を調査中です。
X02NK で WalkingHotSpot を使って iPod touch どこでもネット接続
header.jpg

WalkingHotSpotをいうアプリをX02NKに導入しました。

X02NKを無線LANスポットにしてしまうアプリです。
無線LAN(Wi-Fi)を装備している、端末、パソコン、その他機器など、最大5台まで、パケット定額(9800円)で利用出来るようです。(たぶん)

私はこれを使ってiPod touchの接続に成功しました。

下記の作業をされる方は自己責任にてお願いします。

1.WalkingHotSpotのサイトからアプリをダウンロード。
http://walkinghotspot.com/にアクセス。
画面の下の方にある「DOWNLOAD」をクリック。

ピクチャ 2

次に表示される画面で必要項目を入力。

ピクチャ 1

・Email Address : たぶん何でも可
・Mobile Phone Number : 81-Japanを選んで、0を抜いて9か8から始まる携帯番号10桁を入力
・Phone Model : N95を選択
・IMEI / ESN : X02NKで*#06#を押して表示される15桁のIMEI番号を入力。
・左下の「Register」をクリック。
次のページで「I Accept」をクリックするとX02NKにSMSが送られてくる。

ピクチャ 2


2. X02NKにSMSが届くので表示されるURLをクリックしてインストール。

Screenshot0005.jpg

という事は、これを読んでおられる方はぶっちゃけ1と2の作業は必要なく、以下のアドレスを直接X02NKで入力してアクセスすればインストールが可能だという事になります。
http://walkinghotspot.com/dwnl/getwhs.php

3. インストール後必ず再起動。
以下のようにアイコンが表示されて入ればインストールは完了。

Screenshot0006.jpg


4. アプリを起動して各種設定を行う。

Screenshot0007.jpg

・左下の「Options」を押して「Settings」を選択。

Screenshot0008.jpg

・1番目の「Cell network settings」をクリック、「Application Connection」を選択。
・次に2番目の『Wi-Fi settings』をクリック。

Screenshot0009.jpg

Screenshot0010.jpg

・「接続名」 : そのままでも可、適当に。
・「データベアラ」: 「ワイヤレスLAN」を選択。
・「WLANネットワーク名」 : そのままでも可、適当に。
・「ネットワーク状態」 : 公開。
・「WLANネットワークモード」 : アドホック。
・「WLANセキュリティモード」 : 「公開ネットワーク」か「WEP」のどちらか選択。セキュリティの気になる方は「WEP」を選択する事をお薦めします。 
・「WLANセキュリティ設定」 : 「WLANセキュリティモード」で「WEP」を選択していると設定が可。
・「ホームページ」⇒ご自由に。
・次に3番目の「Power management」を「High」にする。Highにした方がスピードが上がります。

5. 最初の画面に戻って右下の「Start」を押す。

以上でX02NKの無線LANスポット化完了です。
あとは各種端末で無線設定をすればX02NKの電波の繋がる場所であればどこででもインターネット等が楽しめます。

以下の画像はiPod touchでWalkingHotSpotに接続している様子です。

snap_125025.jpg


*当方のMacBookでは無線は接続できますが、インターネット等はできませんでした。
たぶんどこかの設定を変えればいいと思うのですが、現在調査中です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。