Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「きずな」打ち上げ、無事成功
ピクチャ 2

超高速インターネット衛星「きずな」を乗せたH-IIAロケット14号機の打ち上げが無事成功。
2回ほどカウントダウンがストップしましたが17時55分に打ち上げられました。

打ち上げの様子がインターネット配信されてました。
スポンサーサイト
高速ネット衛星「きずな」、打ち上げカウントダウン
winds.jpg

高速ネット衛星「きずな」。
種子島宇宙センターから今日の夕方午後4時20分打ち上げられる模様。
打ち上げに向けてカウントダウンが始まっています。

宇宙航空研究開発機構によれば、「きずな」の概要は以下のとおり。

「きずな」は、地域による情報格差をなくし、誰もが平等に高速通信サービスを受けられる社会を実現するために、最大1.2Gbpsの超高速でデータ通信を行うことができる人工衛星です。

私たちの生活にインターネットはなくてはならないものになりましたが、すべての人が同じように利用できる環境はまだ整っていません。

人口の多い都市部が中心で、山間部や離島では地上の整備コストが高く、整備が行き届いていない場所もあるのです。

「きずな」は、大がかりな地上設備を必要としません。

一般家庭でも直径45cm程度の小型アンテナを設置すれば、最大155Mbpsの受信、また6Mbpsの送信ができます。

また企業等で直径5m級のアンテナを設置すれば、最大1.2Gbpsの超高速データ通信が可能になります。

インターネットの地上整備が難しい地域でも都市部と同じようにインターネットが利用できます。

「きずな」が提供する大容量・高速データ通信を利用すれば、医師の少ない離島や僻地でも、遠く離れた都市部の医師に患者の状況を鮮明な画像で送ることができ、いつでも・どこでも高度な医療を受けることができる「遠隔医療」や、離れた場所にある学校や研究者の交流を可能にする学術・教育分野での応用、また宇宙から災害情報を提供するなど、さまざまな分野での活用が期待されています。

開発費は約317億円で、静止軌道に投入後、7月から実験を始めるようです。

以前から「きずな」には興味をもっていていつ打ち上げられるのか気になっていましたが、ついに本日打ち上げのようです。

無事実験が成功し、実用化されるといいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。