Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「QuickPwn for Mac OS X」リリース。iPhone 3Gをクイック脱獄。
すでにWindows版がリリースされていた「QuickPwn」のMac OS X版をiPhone-dev teamがリリースしました。ダウンロードはこちらから。(8/30現在はbittorrent形式で配布されています)
ピクチャ 1

PwnageToolがカスタムファームウェアを作成しそれを本体に適用するのとは違い、QuickPwnは純正の素のファームウェアで動作している本体そのものをUSBコードで接続してJailbreakします。

ご存知かとは思いますが、私は最新版のPwnageToolで手持ちのiPhone 3GをPwned(脱獄)しましたのでQuickPwnは必要ないのですが、QuickPwnがいかほどの物なのかが気になったのでiPhone 3Gを一度素のソフトウェア2.0.2に復元してから試してみました。

レビューとまではいきませんが簡単に一連の流れを。行われる方は自己責任でお願いします。

↓QuickPwnを起動。「OK」をクリック。
ピクチャ 2

↓iPhone 3GをMacに接続するよう指示されます。接続後は自動的に次のステップに進むとの内容。
ピクチャ 3

↓前画面で案内されたとおり接続後、自動的に作業が始まります。
ピクチャ 4

↓途中Macのパスワードを聞かれるので入力して「OK」をクリック。
ピクチャ 5

↓しばらくするとPwnageTool同様、DFUモードに移る為の作業の表示が現れます。画面に表示されるようにカウントにあわせてiPhone 3Gを操作します。
ピクチャ 6

↓以下のように進捗状況が表示されるので終わるまで待ちます。
ピクチャ 7
ピクチャ 8

↓以下の表示になったらiPhone 3Gが再起動して無事HOME画面にCydiaとInstallerのアイコンが追加されるまで待つ。
ピクチャ 9

以上こんな感じかな・・・

感想としては、確かに名前だけあってJailbreakがすばやく済みます。単にCydiaとInstallerをインストールして脱獄生活を楽しみたいならこのQuickPwnで充分だと思います。

でも私のようにRoot partition sizeを増やしたりBoot logoとRecovery logoがパイナップルやジョブズになるのが嫌な方は、やはりPwnageToolを使用した方がいいと思います。

とまあ、頑張ってみましたが結局PwnageToolで作ったカスタムファームウェアで再び復元しなおしました。
スポンサーサイト
「Mac UI」iPhone 3Gのシステムユーザーインターフェースをブラック調に
Cydiaからの紹介。(要Jailbreak)

IMG_0002_20080829095349.png

iPhone 3GのシステムUIをブラック調にするスキン「Mac UI」。

IMG_0004_20080829095610.png

IMG_0005_20080829095509.png

IMG_0006_20080829095524.png

IMG_0009_20080829095539.png

IMG_0010_20080829095552.png

とってもCoolでかっこいいと思います。

インストールしてWinterBoardから選択します。

ちょっとしたイメチェンにいかがですか?
PwnageTool 2.0.3.1リリース、iPhoneソフトウェア2.0.2脱獄成功
一度バージョン2.0.3としてリリースされたPwnageToolですがバグを修正した、バージョン2.0.3.1がリリースされました。
ダウンロードはiPhone-dev teamのブログこちらの記事(8/27現在)から。
これによりiPhoneソフトウェア2.0.2の脱獄に無事成功しました。
ピクチャ 1

今回カスタムしたiPhoneのファームウェアは、
iPhone1,2_2.0.2_5C1_Restore.ipsw
です。

PwnageToolの使い方はこれまでのバージョンとほぼ同じですが、初めての方のために簡単に流れを説明します。される方は自己責任でお願いします。

まずiPhone 3GとMacを接続しておきます。

↓PwnageToolを起動。「OK」をクリック。
ピクチャ 2

↓iPhone 3Gを選択。(更に私は今回も左上から「Expert mode」を選択)
右下の「右矢印」をクリック。
ピクチャ 3

↓「iPhone1,2_2.0.2_5C1_Restore.ipsw」を選択して「右矢印」をクリック。
ピクチャ 4

↓続いて以下の画面のように「General」を選択しチェックを入れ右下の右矢印をクリックしExpert modeの設定に移りますが、変更するのは以下の項目のみ。まず「Activate the phone」のチェックをはずします。これをしないと電話機として使用できません。Root partition sizeを1000MBに設定。ここは好きなサイズでOKです。
ピクチャ 1

ピクチャ 5

↓「Boot logo」と「Recovery logo」のチェックをはずす。これも自由。
ピクチャ 6

↓Expert modeの設定が一通り済むと以下の画面に。「Build」を選択してチェックを入れ「右矢印」をクリック。
ピクチャ 7

↓カスタムファームウェアの保存場所を聞かれるので任意の場所を選択して「Save」をクリック。
ピクチャ 8

↓Buildingが始まるので気長に待つ。
ピクチャ 9

↓途中Macのパスワードを聞かれるので入力して「OK」をクリック。
ピクチャ 10

↓以下の画面が表示されたらとりあえず「NO」をクリック。
ピクチャ 11

↓カスタムファームウェアが出来上がり以下のような画面になったら、表示されるとおりにiPhone 3Gを操作。コツは、表示されるカウントにあわせてタイミングよく操作する事。
ピクチャ 12

↓操作が無事終了すると以下のように、
「DFUモード成功。PwnageToolを終了して、iTunesの作業に移って下さい」と表示されるので言われるようにする。自動的にiTunesが起動します。
ピクチャ 13

↓以下のように表示されるので「OK」をクリック。
ピクチャ 14

↓optionを押しながら「復元」をクリックして先ほど出来上がったカスタムファームウェア、
iPhone1,2_2.0.2_5C1_Custom_Restore.ipsw
を選択。後はiTunesまかせ。iPhone 3Gが起動してiTunesにiPhone 3Gを認識されてのちHOME画面に「Cydia」と「Installer」のアイコンが現れれば作業は無事全て完了。
ピクチャ 15

以上、一連の流れはこんな感じです。

iPhoneソフトウェア2.0.1で使用していたCydiaアプリは2.0.2でも全て完動しました。

感想:PwnageToolのダウンロード先が混んでいて、わずか17MBのダウンロードに約1時間くらいかかりました。その後の作業と当記事の作成とでほぼ徹夜となりました。お疲れ様でした~・・・
「killSB」ワンタップでiPhone 3Gのメモリをリセット
Cydiaからのアプリ紹介。(要Jailbreak)

IMG_0003_20080826050736.png

ホームボタンの長押しでiPhoneのメモリをリセットできるのは周知のTipsですが、それをアプリのアイコンをワンタップするだけで行えるアプリ「killSB」。
IMG_0001_20080826050947.png

↓起動すると以下のような画面になり自動的にRespringします。
IMG_0002_20080826052100.png

MobileMail・MobileSafari・MobileMusicPlayerなどは閉じてもMacでウィンドウ左上の赤丸ボタン(×ボタン)を押しただけのように、見た目は閉じていても裏で常駐してたりします。そのまま使用していると日本語文字入力の時など、動作が重たくなったりします。

そのようなときRespringしてメモリ(CPUも?)をリセットすると動作もスッキリ。

BossPref.にもこの機能はありますが「killSB」はその処理をたったワンタップで行えるので、地味ではありますが非常に重宝しそうなアプリだと思います。
iPhone 3GのWi-Fiアイコンをマルチカラーに
Cydiaからの紹介。(要Jailbreak)

IMG_0001_20080825164833.png

iPhone 3GのWi-Fiアイコンをマルチカラーに彩るスキン「MiWiFi」。

IMG_0002_20080825165013.png

分かりますか?

ちょっとしたアクセントで友達のiPhone 3Gと差をつけちゃいましょう。

インストール後WinterBoardから選択します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。