Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「QuickPwn for Mac OS X」リリース。iPhone 3Gをクイック脱獄。
すでにWindows版がリリースされていた「QuickPwn」のMac OS X版をiPhone-dev teamがリリースしました。ダウンロードはこちらから。(8/30現在はbittorrent形式で配布されています)
ピクチャ 1

PwnageToolがカスタムファームウェアを作成しそれを本体に適用するのとは違い、QuickPwnは純正の素のファームウェアで動作している本体そのものをUSBコードで接続してJailbreakします。

ご存知かとは思いますが、私は最新版のPwnageToolで手持ちのiPhone 3GをPwned(脱獄)しましたのでQuickPwnは必要ないのですが、QuickPwnがいかほどの物なのかが気になったのでiPhone 3Gを一度素のソフトウェア2.0.2に復元してから試してみました。

レビューとまではいきませんが簡単に一連の流れを。行われる方は自己責任でお願いします。

↓QuickPwnを起動。「OK」をクリック。
ピクチャ 2

↓iPhone 3GをMacに接続するよう指示されます。接続後は自動的に次のステップに進むとの内容。
ピクチャ 3

↓前画面で案内されたとおり接続後、自動的に作業が始まります。
ピクチャ 4

↓途中Macのパスワードを聞かれるので入力して「OK」をクリック。
ピクチャ 5

↓しばらくするとPwnageTool同様、DFUモードに移る為の作業の表示が現れます。画面に表示されるようにカウントにあわせてiPhone 3Gを操作します。
ピクチャ 6

↓以下のように進捗状況が表示されるので終わるまで待ちます。
ピクチャ 7
ピクチャ 8

↓以下の表示になったらiPhone 3Gが再起動して無事HOME画面にCydiaとInstallerのアイコンが追加されるまで待つ。
ピクチャ 9

以上こんな感じかな・・・

感想としては、確かに名前だけあってJailbreakがすばやく済みます。単にCydiaとInstallerをインストールして脱獄生活を楽しみたいならこのQuickPwnで充分だと思います。

でも私のようにRoot partition sizeを増やしたりBoot logoとRecovery logoがパイナップルやジョブズになるのが嫌な方は、やはりPwnageToolを使用した方がいいと思います。

とまあ、頑張ってみましたが結局PwnageToolで作ったカスタムファームウェアで再び復元しなおしました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。