Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「iZipper Sliders」バージョン2.1にアップデート。UI SoundがGood!
Cydiaからの紹介。(要Jailbreak)

IMG_0001_20080929224027.png

WinteBoardから選択して適用します。

私のiPhone 3Gのロック解除画面です。
IMG_0003_20080929224153.png

ロック解除のスライダーがジッパーになっていてなかなかいい感じ。

今回の2.0から2.1へのアップデートでさらにUI Soundが追加されました。

ロック音(クリックすると音が再生されます)

ロック解除音(クリックすると音が再生されます)

このロック解除音がとってもGoodです。



ちなみに2.1をインストールされた方はすでにお気づきだと思いますが、今回のアップデートでサウンドは適応されるのですが、肝心のジッパー画像がなぜか適応されません。たぶんバグだと思います。今後のアップデートで修正されるでしょう。

やまぐちぇさんのコメントより
「png画像が入ってるフォルダ名を
com.apple.TelephonyUI.framework
から
com.apple.TelephonyUI
に変更します。

それだけで、ちゃんと表示されました!! 」


というわけで、以下の文章は読まなくても結構です。

でも、そこが我慢しきれないのがとよしんのいいところ。以下に記す方法で適用に成功しました。(この記事参考にする人いるのかな・・・)

以前の記事で紹介した、「Mac UI」の特性を逆に利用しました。

IMG_0002_20080929225523.png

Mac UIとiZipper SlidersとをWinterBoardから併用した場合、iZipper Slidersのバージョンが2.0の時、Mac UIのスライダー画像の方が優先されてジッパー画像が適応されませんでした。その際、私はMac UIの中身をCyberDuckで弄って強引にジッパー画像を適応させていました。今回はその優先特性を利用しました。

CyberDuckでiPhone 3Gにアクセスします。行き先は、
/var/stash/Theme.LKiIsem/iZipper Sliders.themeの中の、
/Bundles/TelephonyUI.framework
です。

追記:(フォルダ名「Theme.LKiIsem」の「LKiIsem」という箇所は変動するようです。)

この中に、
bottombarknobgray.png
というpng画像があります。
↓これです
bottombarknobgray.png

このファイルをMacのデスクトップ上にダウンロードします。

次に、
/var/stash/Theme.LKIsem/Mac UIの中の、
/Folders/TelephonyUI.framework
にアクセスします。この中のbottombarknobgray.pngと先ほどデスクトップ上に保存した同名のbottombarknobgray.pngを入れ替え(上書き)します。
ピクチャ 3

あとは再度、WinterBoardより選択してRespringすれば適用されます。
スポンサーサイト
「Side to Side Loaders」iPhone 3Gのプログレスローダーのスキンを変更
Cydiaからの紹介。(要Jailbreak)

IMG_0003_20080928205224.png

デフォルトのプログレスローダーは円形で時計回りのMacおなじみの物ですが、「Side to Side Loader」は青いドットが左右に行き来するスキンです。なかなか文字と画像で説明するのは難しいのですが、スクリーンショットを載せておきます。

ちょっとしたイメチェンにいかがでしょうか。私は結構気に入っています。

インストール後はWinterBoardから適用します。

IMG_0001_20080928205839.png

IMG_0002_20080928205905.png
「PdaNet」アドホックでiPhone 3GをWi-Fiモデム(ルータ)化
Cydiaからのアプリ紹介。(要Jailbreak)

IMG_0002_20080925200915.png

iPhone 3Gを無線ルータ化してMacとアドホック接続し、iPhone 3Gをモデムにしてしまうアプリ「PdaNet」がCydiaから登場しました。

使用される方はパケット代や規約に関しても自己責任でお願いします。

インストール後は必ずiPhone 3Gを再起動します。

↓まず母艦Macのアドホック環境を作ります。と言っても簡単で、まず例えば以下のようにWi-Fiから「ネットワークを作成」を開きます。
ピクチャ 1

↓名前は任意、チャンネルは自動(11)、パスワードも任意ですが設定しておく方が安全でしょう。入力後、OKをクリック。
ピクチャ 11

母艦の設定はたったこれだけです。簡単・・・

↓次にiPhone 3GでPdaNetをタップして開きます。(このアイコン、イケてないので私は後ほど変更するつもりです)
IMG_0001_20080925202136.png

↓右下のスイッチがOFFになっていたらONにします。
IMG_0003_20080925202252.png

↓Wi-Fiをアドホック接続するようにとの表示。
IMG_0004_20080925202351.png

↓設定→Wi-Fiから先ほど母艦で作成した名前のアドホックネットワークを選択。
IMG_0005_20080925202732.png

↓ネットワーク作成時にパスワードを設定した場合以下のようにそのパスワードを入力して接続する。
IMG_0006_20080925202843.png

↓以下のようにネットワークが選択されればOK。
IMG_0007_20080925203013.png

↓PdaNetを起動。以下のような画面になれば無事アドホック接続完了で、無線モデム(ルータ)化成功です。
IMG_0008_20080925203157.png

うまくいかない場合は、1度Wi-FiをOFFにしてSafariを開いて3G回線でネット接続し、3G回線のIPアドレスを取得するとうまくいくと思います。

今回のアプリは無料ですし、設定も非常に簡単でSOCKSやDHCPを弄る必要もなく使い勝手が非常に良いです。先日紹介したiPhoneModemも簡単ですが有料だし、こっちの方が使えそうです。またもや、Cydia、恐るべしといったところでしょうか・・・
iPhone 3Gの見た目を「Leopard」風に。
Cydiaからのテーマ紹介。(要Jailbreak)

IMG_0007_20080924014731.png

あまりテーマの紹介は書かないのですがこれは結構かっこいいと思ったので。

百聞は一見にしかず、こんな感じです。
IMG_0006_20080924014836.png

アイコンが豊富なので美味しいとこだけ抽出して今使ってるテーマに変更を加えようと思います。

追記
BigBossのリポジトリから消えたようです。
Jailbreak版「MobileFinder」Cydiaに登場。
Cydiaからのアプリ紹介。(要Jailbreak)

IMG_0005_20080924011328.png

AppStoreで230円で発売されているのとは作者も違う脱獄版とも言うべき「MobileFinder」がCydiaに登場しました。早速iPhone 3Gに導入しました。

私はAppStore版を入れていないので分かりませんが、少なくとも見た目、使い勝手は1.1.x時代JBした時使用していた感じに非常に近い、というかそのもの?これにMobilePreview等が加われば結構使い勝手もよくなると思うのですが。まあ現時点でも結構使えます。無料だし。ついに来たかって感じです。

IMG_0001_20080924012024.png

おなじみのこんな感じ。
IMG_0002_20080924012046.png

もちろんシステムファイルにアクセスできます。
IMG_0003_20080924012101.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。