Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PwnageTool 2.2.5リリース。iPhone 3G 2.2.1脱獄成功!
iPhone Dev-TeamがPwnageToolの最新バージョン2.2.5をリリースしました。

ピクチャ 1

こちらの記事から入手できます。
ダウンロード後、ディスクイメージの中からデスクトップに取り出して使用して下さい。

さっそく脱獄を試みましたところ、エラー頻発も無くあっさり成功しましたので、レポートいたします。行われる方は自己責任でよろしくお願いします。

操作方法はこれまでのPwnageToolとほぼ同様です。

今回使用するipswファイルは、
「iPhone1,2_2.2.1_5H11_Restore.ipsw」
です。

あらかじめiPhone 3GをiTunesに接続しダウンロードのみしておきます。

それではレポート始めます。

↓PwnageTool 2.2.5を起動。「OK」をクリックして右下の「→」をクリック。
ピクチャ 2

私の環境では自動的にiTunesが起動して「インストールする」うんぬんと聞いてきましたが、もちろん「インストールしない」をクリック。その後一度iTunesは終了しておきます。

↓今回も私は左上の「Expert mode」を選択。iPhone 3Gを選択して「→」をクリック。
ピクチャ 3

↓自動的にipswのサーチが始まり、結果が表示されます。先ほど書いたとおり今回は、
「iPhone1,2_2.2.1_5H11_Restore.ipsw」
を選択して「→」をクリック。
ピクチャ 4

↓「Expert mode」の設定に移ります。「General」を選択して「→」をクリック。
ピクチャ 5

↓「Activate the phone」のチェックを外します。「Root partition size」を1000MBに設定。ここは任意の数値でいいと思います。入力後「→」をクリック。
ピクチャ 6

↓この画面ではすることがないので、「→」をクリック。
ピクチャ 7

↓ここも何もせず「→」をクリック。
ピクチャ 8

↓ここもチェックそのままで「→」をクリック。
ピクチャ 9

↓「Boot logo」と「Recovery logo」のチェックを外し「→」をクリック。ここは任意でいいと思います。
ピクチャ 10

↓以下の画面になったら「Build」を選択し、「→」をクリック。
ピクチャ 11

↓カスタムファームウェアの保存先を聞いてくるのでデスクトップを選んで「Save」をクリック。
ピクチャ 12

↓Buildingが始まります。
ピクチャ 13

↓途中Macのパスワードを聞かれるので入力して「OK」をクリック。
ピクチャ 15

↓以下のように表示されたらとりあえず「No」をクリック。
ピクチャ 15

↓DFUモードへの作業に移ります。画面に表示されるとおりiPhone 3Gの操作を行って下さい。コツはカウントに合わせる事です。
ピクチャ 16

↓無事以下の表示がでたら「OK」をクリック。
ピクチャ 17

↓以下の画面になるので右上の「Exit」をクリックしてPwnageToolを終了します。
ピクチャ 18

↓iPhone 3GとMacを接続。iTunesが起動。以下のように表示されたら「OK」をクリック。
ピクチャ 19

↓「option」を押しながら「復元」をクリック。
ピクチャ 20

↓どのipswファイルを使うか聞いてくるので先ほどデスクトップ上に出来上がった、
「iPhone1,2_2.2.1_5H11_Custom_Restore.ipsw」
を選択して「開く」をクリック。

あとはひたすらiTunesまかせです。ちょっと長いですが気長に待ちましょう。

今回の脱獄DFU絡みでエラーも出ないか心配でしたが非常にスムーズに成功しました。

なお、
Fixing DFU mode on 10.5.6、
の方法もこちらのページに記載されています。
Apple Developer Connectionのメンバー登録が必要ですが・・・
スポンサーサイト
hClipboardと一緒に使うSafari本文のコピペ用ブックマークレット
記事にするのすっかり忘れてました。すいません。

最近怠け中です。

遅ればせながら一応、書かせて頂きます。

先日こちらの記事で紹介した、
iKeyEx
と、
hClipboard。

これと併用しSafari本文のCopy&Pasteを実現できるブックマークレットの紹介です。

まずは準備から。
http://code.google.com/p/networkpx/wiki/CopyingTextFromSafari
にパソコンでアクセス。
ピクチャ 1

URLをコピー→メールの本文にペースト→iPhone 3G宛に送信。

そしてiPhone 3GからそのURLをタップしてページへアクセス。
IMG_0003_20090129200351.png

ページ中程の「Click here」という青文字をタップ。

Safariの「+」ボタンを押してブックマークに追加。
ブックマーク名は任意の名前に変更しておくと分かりやすいです。
私は「Safari Text Copy」としました。
IMG_0006_20090129200859.png

名前を変更したら右上の「保存」をタップ。

そして再びブックマークを開きます。
IMG_0007_20090129201056.png

左下の「編集」をタップして先ほど作ったブックマークをタップ。

ここでURLを少しイジります。
IMG_0009_20090129201244.png

URL最初の「http://」から「#」までを削除して、
URLの始まりが「javascript・・・・・」となるようにします。
IMG_0012_20090129201612.png

以上で準備は完了です。

では実際に使用してみましょう。

任意のページをSafariで開きます。
IMG_0013_20090129201901.png

そして先ほど作成したブックマークを呼び出してタップ。
一見何も変化したようには見えませんがご安心を。

ページのコピーしたいなあと思う箇所をポンとタップ。
するとこのような画面になります。
IMG_0015_20090129202254.png

あとは好きなようにコピーします。
こんな感じ
IMG_0016_20090129202538.png


例えばコピー後、メモを開きペーストしてみましょう。
IMG_0017.png

IMG_0018_20090129202619.png

いかがでしょうか?
この環境を整えればiPhone 3Gでほぼ完璧なコピペ環境ができあがります。
「貼る蔵」でPicasaアルバムに写真をアップロード(iPhone 3G)
App Storeから無料でリリースされている「貼る蔵」の紹介。
ピクチャ 1

貼る蔵は、iPhoneで撮影した写真、またはフォトライブラリに入っている写真などを「フォト蔵」、「Picasa」、「Flickr」へ直接アップロードできるアプリです。

私はPicasaのWEBアルバムを使用しているので早速ダウンロードして使用してみました。

アプリのダウンロードはこちら

Picasaへのアップロードを例にレビューいたします。

起動画面
IMG_0002_20090126205205.png

設定の画面
IMG_0003_20090126205255.png

こちらの画面でPicasaのユーザ名、パスワードを設定します。

アップロードするアルバムの選択も以下のように可能です。
IMG_0004_20090126205456.png

今回はフォトライブラリにある画像を選択し、[iPhone 3Gから「貼る蔵」]というフォルダにアップロードしてみます。
「写真を追加」(フォトアルバムから写真を選択)をタップ。
IMG_0005_20090126205658.png

任意の画像を選択すると以下のようにアップロード準備の画面になります。
IMG_0006_20090126205857.png

アップロードボタンをタップすると、このようにどのアルバムにアップロードするか選択する画面に移ります。
IMG_0004_20090126205456.png

ココで[iPhone 3Gから「貼る蔵」]というフォルダを選択すると以下のようにアップロードが始まり、選択したフォルダに画像がアップロードされます。
IMG_0007_20090126210240.png

ではPicasaの方をパソコンから実際にのぞいてみましょう。
こんな感じです。
ピクチャ 2

この場合、画像のアドレスはパソコンからは、
http://picasaweb.google.com/Toyoshin3/IPhone3G#5295565118791221570
という感じになります。

iPhoneから見てもらうにはアドレスが微妙に変わります。
http://picasaweb.google.com/m/viewer#photo/Toyoshin3/IPhone3G/5295565118791221570

ココ、ポイントですね。

例えば前記事で紹介したJBコピペアプリを使用してiPhone単体でリンクをブログやら何かにコピペする場合、上記のようにパソコン用とiPhone用二つのアドレスを貼付けると良いと思います。

例えばこんな感じです。それぞれの端末でクリックして見てみて下さい。
ちなみにこの記事のアドレスはこちらです。

PCからは、こちら

iPhoneからは、こちら

違いがおわかりいただけたでしょうか。

このアプリとJBのコピペ機能を併用すればiPhone 3G単体で画像の共有ができるようになります。

非常に完成度の高いアプリだと思いました。

しかも無料というのがさらに良いです。
あらたなコピー&ペーストツール登場(iPhone & iPod touch要JB)
goodeggさんの「iPhone.goodegg.jp」のこちらの記事で紹介されていました。

要Jailbreakです。

キーボード入力状態環境でのみコピー&ペーストが可能なアプリです。

まだCydiaには登場していませんが近いうちにリリースされることが予想されます。

追記;
どうやらCydiaからリリースされた模様です。すでにインストールされている方はアップグレードという形になるみたいです。
ですので新たにインストールした方は下の「使い方」のところからお読みください。


現在はGoogle Codeより入手可能な状態です。

ダウンロードはこちらから。
ピクチャ 1


以下、当方Macでの作業手順です。

上から1番目の
hk.kennytm.iKeyEx.deb

上から2番目の
hk.kennytm.hClipboard.deb
をダウンロードします。

この二つのdebファイルをCyberduck等のSftpソフト等でiPhone 3Gの
/tmp
にアップロード。

Macでターミナルを開き、iPhone 3GにSSH接続。
方法が分からない方はこちらを参考にしてください。

ターミナルで
cd /
と入力。
次に、
cd tmp
と入力。

次に
dpkg -i hk.kennytm.iKeyEx.deb
と入力。インストールが開始されます。

次に
dpkg -i hk.kennytm.hClipboard.deb
と入力。二つ目のファイルもインストールが開始されます。

インストールの方法は以上のとおりです。

次に使い方の説明。

iPhone 3Gの「設定」→「一般」→「キーボード」→「各国のキーボード」の画面に移り
以下のように、hClipboardのスイッチをONにします。
IMG_0001_20090123073539.png

これで使用できるようになります。

では実際に使用してみましょう。

キーボードのモードを切り替えて行くと以下のような画面が現れます。
これがコピー&ペーストの画面です。
IMG_0010_20090123075007.png

任意の文字の画面を表示します。
IMG_0010_20090123073802.png

コピーする始点で、右欄の上から2番目のボタンをタップ(ピッと音がなります)
ピクチャ 2
をタップ。

コピーする終点で、右欄の上から2番目のボタンをタップ。(ピッと音がなります)
IMG_0011_20090123074145.png

これで以下のようにコピーができます。
IMG_0012_20090123074310.png

クリップボードの内容を消したい時は、コピーしたテキスト上を指でドラッグ。
このような状態になって消す事ができます。
IMG_0005_20090123074432.png

次にペーストの方法。
任意の場所で、先ほどコピーしたテキストをタップ。
IMG_0006_20090123074631.png

以上でコピー&ペーストの完了です。

今回は同アプリ内で例として行いましたが、違うアプリ間でも可能です。

また、使用したくない時は先ほどの「設定」の画面でスイッチをoffにすればいいので非常に便利だと思います。

BossPrefsかSBSettingsにToggleがくれば、なお便利だと思います。

とり急ぎレビューを書いてみました。

goodeggさんありがとうございました。

なおアンインストールの方法は
ターミナルで、
dpkg -r hk.kennytm.hClipboard.deb
dpkg -r hk.kennytm.iKeyEx.deb

と入力するか、試してはいませんがCydiaからもしかしたら可能かもしれません。

「Clippy Beta」iPhone 3Gでコピペ。
久々Cydiaからの紹介。(要Jailbreak)

IMG_0006_20090120131632.png

iPhone 3Gでキーボードが起動している時のみ使用可能なコピペツールがリリースされました。

その名は、「Clippy Beta」

以下、SafariのアドレスバーのURLをコピーしてMailの本文にペーストする例。

虫眼鏡を使用してURLをドラッグして選択状態にする。
IMG_0002_20090120131852.png

こんな感じに
IMG_0003_20090120131958.png

そしてキーボードの「123」ボタンをタップ!
IMG_0004_20090120132037.png

copyとpasteのボタンが出現!!!

でcopyをタップ!

Mailを起動して本文のところで「123」ボタンをタップしてpasteをタップ。
IMG_0009_20090120132757.png

以上こんな感じで無事コピペ成功!
IMG_0007_20090120132832.png

これは凄いツールだと思います。
結構使えそうです。
とよしん、ちょっと興奮気味(汗)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。