Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日のロック解除画面(iPhone 3G)
壁紙も変更。

時計のカラーも薄いグレーに変更しました。

IMG_0002_20090227034229.png


スポンサーサイト
「Autolock SBSettings」自動ロックのON、OFFを切り替えるToggle(iPhone 3G)
Cydiaからの紹介。(要Jailbreak)

IMG_0005_20090224172440.png

SBSettins用のToggle、「Autolock SBSettings」。

iPhoneの自動ロックのONとOFFを切り替える事が可能です。

設定の自動ロックで確認したところちゃんと機能しています。

ONの時
IMG_0001_20090224172612.png

IMG_0002_20090224172629.png

OFFの時
IMG_0003_20090224172644.png

IMG_0004_20090224172657.png

普段は1分くらいに設定しといて、SSHとか使用する時だけ自動ロックをOFFにしたい時などに便利です。
「Weather Elements V2」ロック解除画面にアニメーション天気を表示
記事にして欲しいとのコメントをいただきましたので、今回はiPhoneのロック解除画面に天気をアニメーション表示するWidgetを紹介します。(要Jailbreak)

まずは結論から。
このような感じです。
IMG_0002_20090223203432.png

IMG_0001_20090223203500.png

えっ?どんな感じと思われる方はインストールして使用してみてください。

まずダウンロードはこちら
どこ?って思われる方のためにこちらにもアップしておきます。(19.7MBと少々重いです)

ファイル名は「Weather_Elements_V2_Release.zip」

ダウンロード後.zipファイルを解凍します。

このフォルダ
「Weather Elements V2」
の中の「Private」フォルダの中に、
「configureMe.js」
というファイルがあります。
この中のある箇所を以下の方法でお住まいの地域のコードに書き換えます。

ちなみに私の環境はMacなので「configureMe.js」を編集するHTMLエディタに、
「Ju's iEdit」
というソフトを使用しました。
ダウンロードHPはこちら

「configureMe.js」を「Ju's iEdit」で開いたところ。
選択している箇所、
「var ZipCity=」以下のところが都市コードです。(クリックで拡大)
ピクチャ 6

都市コードの調べ方。

こちらのページにアクセス。

ページ左上の「Your Local Forecast」の欄に都市名を入力(例:nara)(クリックで拡大)
ピクチャ 2

すると以下のように検索結果が表示されます。(クリックで拡大)
ピクチャ 3

任意のリンクをクリック。
以下のように表示されます。(クリックで拡大)
ピクチャ 4

このページのURLの末尾をみてみましょう。選択している部分が都市コードです。これをコピー。(クリックで拡大)
ピクチャ 5

「configureMe.js」で先ほど選択した箇所にペースト、及び上書き保存。(クリックで拡大)
ピクチャ 7

以上で下準備の完了です。

次に、「Weather Elements V2」フォルダをiPhoneに転送します。
転送先は、
private/var/stash/Themes.○○○
の中です。

転送後WinterBoardに反映されるので選択してRespringすれば完了です。

と同時にロック解除画面の表示時間を20秒に変更するファイルをCydiaからインストールするとより便利なのでそれも紹介します。

IMG_0003_20090223210205.png

「20 Second Lock Screen」

名前のとおりです。
ちなみにMobileSubstrate関連ファイルです。

「MobileSubstrate」をインストールされてない方は必要なので一緒にインストールして下さい。WinterBoardを使用している方は自動的にインストールされています。

以上で完了です。

後はロック解除画面をタップしてみたりして試してみて下さい。
その辺の説明は省略させていただきます。
「iHome」iPhoneをスリスリ。HOMEボタンの代わりをしてくれたり・・・
Cydiaからの紹介。(要Jailbreak)

IMG_0005_20090223145318.png

まずは、こちらの動画をご覧下さい。


使用にはMobileSubstrateのインストールも必要です。

例えばドックラベル付近を左から右にフリック(ドラッグ)したら
IMG_0002_20090223145735.png
このような画面が現れます。

また、アプリ起動時に先ほどの場所を逆に右から左にフリック(ドラッグ)したら
IMG_0003_20090223145910.png
このようにHOME画面に戻るためのボタンが現れます。

また例えばHOME画面の4ページ目から一気にトップページに戻る際、右から左にフリック(ドラッグ)するとHOMEボタンを押したのと同様にトップページに戻る事ができます。

またこの場所を5秒間長押しするとスクリーンショットがとれます。
が、下の画像のように最下部に黄色がかった帯が映ってしまうのでこれは実用的ではないかも。
IMG_0004_20090223150333.png

結構おもしろいシステムだと思うのでしばらく使用してみようと思います。
「5-Row QWERTY Keyboard」数字の行も表示するQWERTYフルキーボード(iPhone 3G)
Cydiaからの紹介。(要Jailbreak)

IMG_0004_20090220141946.png

ややこしい説明ぬきです。百聞は一見にしかず。

こんな感じ。
IMG_0001_20090221115819.png

英字のキーボードの一番上に数字の行。

↓[⇧]をタップすると、
IMG_0002_20090221115924.png

↓[123]ボタンをタップすると、
IMG_0003_20090221115940.png

↓さらに[⇧]をタップすると、
IMG_0004_20090221120003.png

Cydiaからインストール後、

「設定」→「一般」→「キーボード」→「各国のキーボード」の画面にいくと、
IMG_0007_20090220143404.png

このようにiKey Exのキーボードの箇所に「5 Row QWERTY」が追加されているのでスイッチをオンにします。

私は更に「他のビルトインのキーボード」を全てオフにして使用しています。

慣れれば非常に使いやすくなるかもしれません。

しばらくこれを使用してみます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。