Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「PPVideoEnabler」Cycorderで撮影した動画をiPhoneから直接YouTubeにアップロード
AppStoreから無料で販売されている「Pixelpipe」

IMG_0003_20090218163255.png

このアプリはiPhoneに保存されている写真や動画をiPhoneから直接、Picasaやflickr、VimeoやYoutubeにアップロードできるアプリです。そのまま使用しても便利ですが、動画のアップロードは今まで不可でした。

しかしそれを可能にする「PPVideoEnabler」がCydiaからリリースされました。(要Jailbreak)

IMG_0001_20090218163931.png

この「PPVideoEnabler」はCydiaから出ている動画撮影アプリ「Cycorder」と「iPhoneVideoRecorder」で撮影した動画を「Pixelpipe」を使用してアップロード可能にするプラグインアプリのような感じの物です。

そこで今回はCycorder(要Jailbreak)で撮影したmovファイルをYouTubeにアップロードする例をレビューしたいと思います。

まずあらかじめ「Pixelpipe」をAppStoreよりダウロードしておきます。
ダウンロードはこちら

次にCydiaから「PPVideoEnabler」をダウンロード。

HOME画面に「PPVideoEnabler」のアイコンが出てきますので起動。
IMG_0005_20090218164631.png

Enable video uploads from Cycorder via Pixelpipe
のスイッチをオンにします。

次に「Pixelpipe」を起動。
IMG_0006_20090218164844.png

以下の画面になるのでPixelpipeのアカウントを作成してください。(簡単なので説明は省略します)
IMG_0007_20090218165029.png

アカウント作成後、EmailとPasswordを入力してSIGN IN。
以下の画面になったらOKです。
IMG_0008_20090218165220.png

画面下のContinueをタップ。

追記:
以下からのiPhoneでの作業で失敗する場合はPCからPixelpipeのHP(こちら)で同じ作業ができます。PCからの方が失敗しにくいかもしれません。

Settingタブを開きます。
IMG_0011_20090218165444.png

Add destinationsをタップ。
以下の様な画面になります。
IMG_0012_20090218165608.png

下の方にYouTubeがあるのでタップ。
以下の画面になるのでYouTubeのアカウントを入力します。
IMG_0021.png

以下の画面になったら「アクセスを許可」をタップ
IMG_0002_20090218170824.png

以上でPixelpipe内にYouTubeのMyPipeが出来上がります。

続いて動画のアップロード

Mediaタブを開くと画像や動画一覧が表示されるので任意の動画をタップしてチェックをいれます。(この例の場合1233968644.mov)

IMG_0003_20090218171421.png

右矢印をタップすると以下のように、タイトル等を入力する事も可能です。
IMG_0026.png

元の画面に戻って「Upload 1 item」をタップ。(このアプリのすごいところは複数選択も可能なところです。今回は一つだけ。)

Queueタブを開くとアップロードの進捗状況が確認できます。アップロードが完了したら無事成功です。
IMG_0025.png

YouTubeを開いてちゃんとアップされてるか確認してみましょう。
IMG_0027.png

1233968644.movありますね。

ちなみにYouTubeにアップ後iPhoneで見れるようになるにはタイムラグがあるようです。
このタイムラグが結構長いんですよね。半日かかったりします。

以上でiPhone単体で動画YouTubeへアップロード成功です。

このPixelpipeというアプリ、結構便利だと思います。

例えば複数の画像をPicasaや、flickrに一度にアップロードできたりします。
重宝しそうですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。