Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iPhoneの電話のダイアルパッドの音をDaft Punk風に...
iPhoneの電話のダイアルパッドを押した時になるサウンドをDaft Punk風にしてみました。

IMG_0006_20090602104931.png

動画は、こちら

追記:
このサウンドのファイルをアップロードしました。
ダウンロードはこちら
ダウンロード後、解凍してできたフォルダを、
/private/var/stash/Themes.○○○
にアップロードして下さい。
WinterBoardに反映されます。
スポンサーサイト
iPhoneのページドットインジケーターをAppleマークに変更
当ブログの読者の方からリクエストがありましたので作ってみました。

HOME画面したのページドットインジケーターをAppleマークに変更してみました。

こんな感じ
IMG_0002_20090530113433.png

使用している動画はこちら

ご使用になられたいかたはこちらにアップしましたのでご利用ください。

ダウンロード後、解凍してできたフォルダを、
private/var/stash/Themes.○○○
の中にアップロードしたらWinterBoardに反映されます。
とよしんのiPhoneのデモンストレーション動画
Cydiaからリリースされている「ScreenSplitr」とMac用ソフト「DemoGod」を使用して、とよしんのiPhone 3Gのデモ動画を実演してみました。
撮影には「Screentoaster」というサイトを利用しました。

ピクチャ 1

動画はこちら

効果音等も録音されているのでボリュームを上げてご視聴下さい。
「SpringBack」SpringBoardのアイコン配置をバックアップ、リストア
Cydiaからの紹介。(要Jailbreak)

IMG_0002_20090525171756.png

iPhoneのホーム画面(SpringBoard)のアイコン配置をバックアップして、何かあった時に元に戻す(Restore)事ができるアプリ「SpringBack」

とよしんの場合よくiPhoneがSafe Modeになってアイコン配置がぐちゃぐちゃになる時があります。ちなみにSafe Modeとはこんな感じのやつです。
safe-mode-1.png

そんな時に役だつのが今回紹介する「SpringBack」

Cydiaからインストール後、HOME画面にアプリアイコンが現れるのでタップで起動。
IMG_0003_20090525172219.png

初めて起動した時だけ以下の画面が現れるので「Got it」をタップ。
IMG_0005_20090525172328.png

すると以下の画面になります。右上の「Backup」をタップ。
IMG_0006_20090525172422.png

以下の画面になるので「Yes」をタップ。
IMG_0007_20090525172512.png

以下のように名前を入れるように言ってくるので任意の文字を入力して「Done」をタップ。
IMG_0008_20090525172632.png

すると以下のようにBackupファイルが作成されます。
IMG_0009_20090525172720.png

試しにとよしんは、iPhoneのアイコン配列をぐちゃぐちゃに変更してみました。

その後、SpringBackを起動して先ほど作成されたBackupファイルをタップ。そして「Restore」をタップ。
IMG_0011_20090525172919.png

するとRestoreが開始され自動的にRespringします。

そしてアイコン配置を見てみると・・・

ちゃんと元に戻ってます!!
すごい!

ちなみにiPhoneのどこにBackupファイルが作成されるかと言うと、

/private/var/mobile/Library/SpringBack
の中に、
IMG_0012_20090525173327.png

以下の要に保存されています。
IMG_0014_20090525173424.png

もう一度SpringBackを開いてみましょう。
IMG_0013_20090525173521.png

上記のようにBackupファイルとBackupした日付と時間の入ったファイルが作成されていますね。

このアプリかなり便利だと思います。
例えば、再Jailbreakする前に、
/private/var/mobile/Library/
内のSpringBackフォルダを母艦PC or Macに保存しておいて、再Jailbreak後、このアプリをインストールしてSpringBackフォルダをもどしてRestoreを実行すると、もしかしたらアイコンの配置も元通りにしてくれるかもしれません。(あくまで予想ですが・・・)

とにかく、あのSafe Modeのぐちゃぐちゃのイライラから解放されそうです。
「MxBackup」MxTubeをバックアップ
Cydiaからの紹介。(要Jailbreak)

IMG_0003_20090524184424.png

YouTubeの動画をiPhoneでダウンロードして保存して、視聴もできるアプリ「MxTube」
そのアプリのバックアップアプリ「MxBackup」をCydiaよりインストールして使用してみました。

インストール後、HOME画面にMxBackupのアイコンが現れます。

タップして開いたところ
IMG_0005_20090524184717.png

Backupをタップすると、バックアップが始まります。
IMG_0006_20090524184802.png

バックアップ後、このように結果が表示されます。
IMG_0007_20090524184852.png

結果どこにバックアップされたかというと、

/private/var/Mobile/
の中にbackupというフォルダが作成されます。
IMG_0008_20090524185044.png

その中にMxTubeというフォルダが作成されます。
IMG_0009_20090524185132.png

そのフォルダの中に以下のように各種ファイルがバックアップされているのが分かります。
IMG_0010_20090524185227.png

IMG_0011_20090524185258.png

目につくのは「VideoLibrary.plist」というファイルが一緒に保存されていることです。
このファイルを開いてみました。
ピクチャ 1

この「VideoLibrary.plist」にMxTubeの各種情報が記述されているようです。

次にMxTubeの中身を全て消去してRestoreに挑戦してみようと思います。

MxBackupを開きます。
IMG_0005_20090524184717.png

Restoreをタップすると、Restoreが始まります。
IMG_0012_20090524185723.png

結果以下のような表示が現れ、Restoreされたようです。
IMG_0013_20090524185834.png

で、実際にMxTubeを開いたところ全ての動画が、サムネイルとともにちゃんとRestoreされていました。

今回の肝は、「VideoLibrary.plist」だと思います。

例えば、再Jailbreakをする前などに、このBackupフォルダを母艦のMac or PCにバックアップしてJailbreak後、所定の場所にBackupフォルダを戻してRestoreするという使い方になると思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。