Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とよしんのiPhone 3G(3.0 Jailbreak)徹底解説 ロック解除画面編その①
今回は、「ロック解除画面編その①」です。

ロック解除画面のカスタマイズの説明をします。

まずは、画像。

IMG_0073.jpg

それぞれに番号をふってみました。

今回するのは、
①ステータスバーの透過
②デフォルト時計の背景帯の透過
③デフォルト時計の透過
④ロック解除スライダーの背景画像の透過
⑤ロック解除スライダーを任意の物に変更
以上です。

それでは、始めます。

①ステータスバーの透過
320×20サイズの透過png画像を作ります。
そしてファイル名を「FST_BG.png」とします。
これを、
/System/Library/CoreServices/SpringBoard.app/
の中の「FST_BG.png」と入れ替えます。(上書きするか元ファイルはバックアップしておきましょう)
そしてReSpringすると、以下のようにステータスバーが透過になります。

IMG_0074.png

②デフォルト時計の背景帯の透過
これは、こちらからダウンロードした物を使用します。
実態は、「UILCDBackground.png」という、1×96サイズの透過png画像です。
このダウンロードして、解凍したフォルダ「Transparent LC BG」を、
/private/var/stash/Themes.○○○
にアップロード。WinterBoardに反映されるので適用します。
するとこのように背景の帯が透過になります。

IMG_0075.png

③デフォルト時計の透過
これは、こちらからダウンロードした物を使います。
実態は、透過された「LockClock.ttf」というロッククロックフォントです。
これを、
/System/Library/Fonts/Cache/
の中の、「LockClock.ttf」と置き換えます。(元のLockClock.ttfはバックアップしておきましょう)
そして、ReSpring。
これで、このようにデフォルト時計が透過されて消えてなくなります。

IMG_0076.png

④ロック解除スライダーの背景画像の透過
79×96サイズの透過png画像を作ります。
ファイル名は、「bottombarbkgndlock.png」とします。
これを、
/System/Library/PrivateFrameworks/TelephonyUI.framework/
の中の「bottombarbkgndlock.png」と入れ替えます。(元ファイルはバックアップしておきましょう)
そして、ReSpring。
これでこのようにロック解除スライダーの背景画像が透過になります。

IMG_0077.png

⑤ロック解除スライダーを任意の物に変更
任意のロックスライダー画像を作ります。今回私は、71×47サイズのpng画像を用意しました。
出来上がった画像の名前を、「bottombarknobgray.png」とします。
これを、
/System/Library/PrivateFrameworks/TelephonyUI.framework/
の中の「bottombarknobgray.png」と入れ替えます。(元ファイルはバックアップしておきましょう)
そして、ReSpring。
これでこのようにロック解除スライダーが任意の画像になります。

IMG_0079.png

これで①~⑤の作業は完了です。

今回はここまでです。
次回もよろしく。
スポンサーサイト
とよしんのiPhone 3G(3.0 Jailbreak)徹底解説 HOME画面編その④
今回は、「HOME画面編その④」
アイコンの5個配列とページドットインジケーターについて。

まずアイコンを5個にするには、Cydiaからもリリースされているかもしれませんが、
FCSB.dylibを使用します。
ダウンロードは、こちら

ダウンロードしたFCSB.dylibを、
/Library/MobileSubstrate/DynamicLibraries
の中にアップロードして、Respring。
これでOK。

Dockの5個表示は、CydiaからFiveIconDockをインストールしたらOK。

次にこちらのページドットインジケーター。

IMG_0067_20090629174740.png

これは、ダウンロードは、こちら

ダウンロード後、解凍して、できたフォルダを、
/private/var/stash/Themes.○○○
にアップロードして下さい。WinterBoardに反映されます。

今回はここまでです。
次回もよろしく。
とよしんのiPhone 3G(3.0 Jailbreak)徹底解説 HOME画面編その③
今回は、「HOME画面編その③」
ステータスバー関連の話です。

こんな感じ

01_20090629164816.png

まず一番左のレインボーAppleマーク電波アイコン。
これは、こちらよりダウンロードできます。
ダウンロード後、解凍して、できたフォルダを、
/private/var/stash/Themes.○○○
にアップロードして下さい。WinterBoardに反映されます。

次に左から二番目の「Apple」というキャリアロゴ。
これは、こちらこちらから二つダウンロードして下さい。

このダウンロードした二つの画像を、
/System/Library/CarrierBundles/Softbank_jp.bundle/
に中の同名画像ファイルをバックアップとっておいて、置き換えてください。

次に左から三番目のWi-Fiアイコン。
これは、通常白色ですが、アプリ起動時はブルーになります
こんな感じ
IMG_0068.png

ダウンロードは、こちら
private/var/stash/Themes.○○○
にアップロードして下さい。WinterBoardに反映されます。

次に一番右のバッテリーアイコン。
これも通常グレーですが、アプリ起動時はブルーになります。
ダウンロードは、こちら
private/var/stash/Themes.○○○
にアップロードして下さい。WinterBoardに反映されます。

最後に真ん中の日付、時間、Freeメモリー表示とバッテリーの%表示について。
これはCydiaからリリースされている「SBSettings」を使用します。
SBSettingsを開いて、「More」をタップ。
「Extras & Options」をタップ。
そして、以下の画面の様にスイッチをいれます

IMG_0069.png

ただこれだけでは日付が、6/29のところが「29/6」と表示されてしまいます。
もし「6/29」にしたい方は、
iPhoneの「設定」→「一般」→「言語環境」→「書式」
を開き「英語」→「アメリカ合衆国」
を選択すればOKです。

今回はここまでです。
次回もよろしく。
とよしんのiPhone 3G(3.0 Jailbreak)徹底解説 HOME画面編その②
今回は、「HOME画面編その②」です。
(Widget) WAD についてです。

この部分です。
01_20090629161811.png

ダウンロードはこちらから。
ダウンロード後、解凍して、できたフォルダを、
/private/var/stash/Themes.○○○
にアップロードして下さい。WinterBoardに反映されます。

また、真ん中のアップロゴの代わりに時計を表示した、

IMG_0032_20090629162412.png
もあります。
ダウンロードは、こちら

なお、左側の都市の設定について説明します。


(Widget) WAD Super/Widgets/Configs 
の中の、
「Weather-Config.js」

を書き換える必要があります。

HTMLエディタで開いて下の方にある
「var locale = "UKXX0663"」という箇所を編集します。

http://weather.yahoo.com/ にアクセスし都市を検索→結果後、URL欄に例えば奈良なら、 http://weather.yahoo.com/forecast/JAXX0060.htmlと表示されます。
この「JAXX0060」が都市コードです。
この方法でWeather-Config.jsを書き換えると都市が反映されます。


それからこのテーマにはロック解除画面に関するファイルも含まれています。
もしこれを作動させたくない場合は、
(Widget) WAD Superフォルダの中の「LockBackground.html」を削除するか「oldLockBackground.html」とリネームすればOKです。

今回はここまで。
次回もよろしく。
とよしんのiPhone 3G(3.0 Jailbreak)徹底解説 HOME画面編その①
iPhone 3GSのJailbreakツールがリリースされるまでにまだ日がありそうなので、今回から数回に分けて、私のiPhone 3Gのカスタマイズを徹底解説いたします。

第1回は「HOME画面編その①」

まずはスクリーンショット

IMG_0067.png

メインで使っているテーマは「Glasklart」です。
これはCydiaからも入手できますが、私のはリリースされる前に入手した半自作品です。
アイコンが半透明になっていますので背景画像が生きてきます。
このテーマの中にはステータスバーを透過にする「StatusBar.png」も含まれています。
また、Dockの背景も透過にする「Dock.png」も含まれています。
あと、ロック音こちら
キーボードタップ音こちら
も含まれています。
この「Glasklart」テーマをご使用になられたい方はこちらよりダウンロードして下さい。
ダウンロード後、解凍して、できたフォルダを
/private/var/stash/Themes.○○○
にアップロードして下さい。WinterBoardに反映されます。
なお、この海の壁紙は、こちらよりダウンロードできます。jpgファイルになっているので、もしHOME画面の背景画像にされたい方は、pngファイルに変換し、ファイル名を「Wallpaper.png」とし、「Glasklart Toyoshin」フォルダの中にいれて下さい。

今回はここまでです。
次回もよろしく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。