Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もしかしたらiPhone 3GSのJailbreakに必要かもしれない事
こちらの記事が気になったので海外のサイトを色々調べて分かった事を今回は記事にします。

来たるiPhone 3GSのJailbreakの際にもしかしたら必要かもしれません。

iPhone 3GSはこれまでの物とは違うセキュリティシステムを使用しているようです。

iPhone 3GSを復元する度におそらくiTunes経由でAppleのサーバーにアクセスして、セキュリティー情報を受け取るような仕組みになっているようです。

このセキュリティー情報は、iPhoneの中にある「ECID」という情報を参考にして復元の度に新しいセキュリティー情報をiPhone 3GSに組み込むようです。

復元する際、そのセキュリティー情報がApple側の情報と一致しない場合、iPhone 3GSの復元が不可能になるかもしれないとの事。

これはどういう事かと言うとiPhone 3GSをJailbreakする際、カスタムIPSWをDFUモード、あるいは、optinon+「復元」(Windowsの場合はshift+「復元」)でiTunesを介してiPhone 3GSにインストールしようとする際、iPhone 3GSはおそらくiTunes経由でAppleのサーバーと交信し、そのカスタムIPSWのセキュリティー情報がApple側の物と合致するか確認するようです。

もし異なれば、インストールに失敗するかもしれないとの事。

また、このセキュリティー情報はECIDを元に作成されるため、個々のiPhone 3GS端末、復元のタイミングによって異なるため、例えばどこかで入手したカスタムIPSWを使用してもインストールできないという仕組みです。

では、そのセキュリティー情報は今、この時点で入手できないのかとなりますよね。

結論から言うと「可能」です。以下にその方法は記載します。

この方法を使ってiPhone 3GSのcertificate(証明書)を入手し何らかの方法でiPhone 3GSに組み込むのか、それともカスタムIPSWに組み込むのか、もしくは、iTunesに組み込むのか、それはまだ分かりませんが、今の内に入手しておくにこしたことはないと思います。

それでは、以下にそのcertificate(証明書)の取得の方法を説明します。(Macの場合)

まず、iPhone 3GSの電源をオフにします。

HOMEボタンを押しながらUSBコードを使ってMacと接続します。(リカバリーモード)

するとiPhone 3GSは以下のような画面になります。

1_20090628014645.png


iTunesが開いて以下のような表示になります。

ピクチャ 1


次にMacの「システムプロファイラ(アプリケーション/ユーティリティに入っています)」を開きます。

すると以下のようにUSBのところに、「Apple Mobile Device (Recovery Mode)」という箇所があるのでクリックすると各種情報が、表示されます。
下の画像のモザイクをかけているところ(モザイクばかりですいません)の16桁の文字の羅列がECIDです。(画像はクリックで拡大できます)
3

この16桁のECIDをコピーしときます。

ここで一旦、iPhone 3GSはUSBコードを外し、スリープボタンを長押しして電源を落とします。その後再度、スリープボタンを押して電源をいれます。これで元通り普通の状態にもどりiPhone 3GSとして使用できます。

次にこちらのサイトにアクセスします。
すると以下の様な画面になりますので下の欄に先ほどコピーしたECIDを入力しEnterを押すと、certificate(証明書)をダウロードできます。

ピクチャ 3

以上が手順です。Windowsの方は、「システムプロファイラ」の代わりにusbviewを使用するとできるみたいです。usbviewはこちらから入手可能です。使い方は、とよしん分かりません。あしからずw

この入手したファイルを使ってiPhone 3GSのJailbreakを行うのかどうかまだ分かりません。
iPhone Dev TeamがリリースするであろうツールがどのようにこのAppleのセキュリティー情報システムを回避するのかが、ある意味、見物だと思います。

以上、参考までに・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。