Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「iBEC」と「iBSS」のキャプチャ。iPhone 3GSのJailbreak前にやっておきましょう。
iPhone Dev Teamの最新のこちらの記事に書いてあるように、iPhone 3GSのJailbreak前にやっておかなければならない事があるようです。

それは、「iBEC」と「iBSS」のキャプチャ。

やり方(Mac)を説明します。
(Windowsの方はこちらにやり方の説明あります)

まずデスクトップに新規フォルダを作成し、フォルダ名を「Pwnage」とします。

次に、こちらより3.0ファームウェアをダウンロードします。(3GS用)

3G用は、こちらから。

ダウンロードした3.0ファームウェアは以下のように
「iPhone2,1_3.0_7A341_Restore.ipsw.zip」となっています。

ピクチャ 1

ファイル名の拡張子「.zip」を消します。すると、

ピクチャ 2

このように聞いてくるので「".ipsw"を使用」をクリックします。

そして出来上がった3.0ファームウェアを先ほど作った「Pwnage」フォルダの中に入れます。このフォルダは開いた状態にしておきます。

ピクチャ 3

iPhone 3GSをMacにUSBケーブルでつなぎ、iTunesを開きます。

同期完了後、iPhone 3GSをDFUモードにします。
やり方は、
「スリープボタンとHOMEボタン」同時長押し10秒。

10秒たったら「スリープボタン」のみ指を放し、「ホームボタン」を押したまま10秒長押し
です。

すると、iTunesに以下のような表示が現れます。

ピクチャ 4

「OK」をクリックします。

以下の画面になるので「optionキー」を押しながら「復元」をクリックします。

ピクチャ 5

どのIPSWファイルを使うか聞いてくるので、先ほど作った「Pwnageフォルダ」の中の、
iPhone2,1_3.0_7A341_Restore.ipsw
を選択して「開く」をクリックします。

ピクチャ 1

すると以下のように聞いてきますが、ここではまだ「復元」をクリックしません。

ピクチャ 7

ターミナル(アプリケーションフォルダの中のユーティリティフォルダの中にあります)を開きます。そして、

while x=1; do nohup cp -vr /tmp/PersonalizedRestoreBundle.*/Firmware/dfu/* ~/Desktop/Pwnage/ 2>/dev/null; sleep .1s; done

と入力し「enter」を押します。

ピクチャ 8

iTunesに戻ると以下のように先ほどの表示がされていますので「復元」をクリックします。

ピクチャ 9

するとDFUモードでの復元が始まり、Finderに戻ると先ほどの「Pwnageフォルダ」が開いていてその中に以下のように、
「iBEC.n88ap.RELEASE.dfu」と「iBSS.n88ap.RELEASE.dfu」
が入ったのが確認できます。

ピクチャ 10

この二つのファイルが現れたのを確認したらターミナルに戻ります。

そして、controlを押しながら「c」を押します。

ピクチャ 11

「exit」とタイプしてからターミナルを終了します。

DFUモードでの復元が完了したら、iTunesが以下のように聞いてくるので、「バックアップから復元」をクリックします。

20090703020843b3bs_20090722190412.jpg

バックアップからの復元が始まります。あとは、iTunesが勝手に元通りのiPhone 3GSにしてくれるので待ちます。

先ほど、作成された
「iBEC.n88ap.RELEASE.dfu」
「iBSS.n88ap.RELEASE.dfu」
の二つのファイルをなくさないように、Macの分かるところに保存して、今後リリースされるであろうJailbreakに備えます。

以上で「iBEC」と「iBSS」のキャプチャは終了です。

この二つのファイルがiPhone 3GSのJailbreakの際に必要になるとiPhone Dev Teamが言っているので、あとは、ツールが出るのを気長に待ちましょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。