Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[検証]iBlueNovaを使用してiPhone 3GSとiPhone 3GでBlutoothファイル送受信
こちらの記事で紹介した「iBlueNova」

iBlueNovaを使用してiPhone同士でBluetoothを介してファイルの送受信が可能か検証しました。

結果は成功です。

iPhone 3GSから見たiPhone 3G

IMG_0170.png

•カメラロールに保存されている写真
•iPodに入っている音楽
•着信音
•iPodに入っているビデオ
•その他のファイル
ともにOKでした。

ただしiTunes Storeで購入した音楽に関しては検証していません。
時間があれば検証したいと思います。
スポンサーサイト
「iBlueNova」Bluetoothを使用してiPhoneとMac、PC間でファイル送受信
Cydia Storeからの紹介。(要Jailbreak)

Bluetoothを使用してiPhoneとMac、PC間でファイルの送受信を可能にする「iBlueNova」
Cydia Storeにて$5.99(15日間のトライアル期間あり)

IMG_0120_20100217041734.png

今回の使用環境:iPhone 3GS 3.1.3JB、Mac OSX 10.6.2

まずMacの設定。

環境設定を開き「共有」をクリックします。

スクリーンショット(2010-02-17 3.49.52)

「Bluetooth 共有」にチェックを入れておきます。

スクリーンショット(2010-02-17 3.50.03)

iBlueNovaを開きます。

IMG_0121_20100217042113.png

「Enable」と「Visible」のスイッチをオンにします。「Visible」をオンにしていないとMacからiPhoneへファイルを送信できません。

IMG_0122_20100217042238.png

「Settings」を開きます。

IMG_0123_20100217042313.png

最低限以下のようにスイッチをいれておくといいと思います。任意でPINコードを設定しておくとセキュリティ上安全です。(今回はオフで説明します)

IMG_0151_20100217045550.png

MacからiPhoneへのファイルの送信の仕方です。

MacのメニューバーのBluetoothアイコンをクリックして「ファイルを送信」を選択します。

スクリーンショット(2010-02-17 3.46.13)

送信するファイルを選択し送信をクリック。(今回はデスクトップ上にある「01.png」を送信します)

スクリーンショット(2010-02-17 3.46.29)

すると以下のようにBluetoothデバイスを選択する画面が開くのでiPhoneを選択して送信をクリックします。(ここでは「Shingo Toyoda iPhone 3GS」)

スクリーンショット(2010-02-17 3.46.45)

するとiPhoneが以下のような表示になるので「Yes」をタップ。

IMG_0152_20100217072811.png

無事送信が終わると以下のような画面になります。

IMG_0153_20100217043314.png

結果をタップすると以下のようにiFileで開くか聞いてくるので「Yes」をタップします。

IMG_0154.png

するとiFileで01.pngが開かれます。
デフォルトでは、
/private/var/mobile/Media/Downloads
に保存されます。
これは、iBlueNovaのSettingsを開き「Save Paths」で任意の場所に変更可能です。
MacからiPhoneへの送信の仕方は以上のような感じです。


続いて逆にiPhoneからMacへのファイルの送信の仕方の説明です。

送信できるファイルは以下のように、
•カメラロールに保存されている写真
•iPodに入っている音楽
•着信音
•iPodに入っているビデオ
•その他のファイル
です。

写真

IMG_0155_20100217043929.png

音楽

IMG_0156_20100217044000.png

ビデオ

IMG_0157_20100217044021.png

その他のファイル

IMG_0158_20100217044044.png

今回は「その他のファイル(Other files)」から、
/System/Library/CoreServices/SpringBoard.app
の中の、
「Activate.png」
をMacに送信してみます。

IMG_0159.png

Activate.pngをタップすると以下のような画面になるので「Send to device...」をタップします。

IMG_0160_20100217044451.png

すると自動的にiPhoneがMacをサーチし始めます。

IMG_0161_20100217044542.png

以下のように結果が表示されるのでMacをタップします。

IMG_0162_20100217044625.png

するとMac側が以下のように「ファイル転送の受信」画面が表示されるので「受信」をクリックします。

スクリーンショット(2010-02-17 3.49.13)

無事iPhoneからの送信が完了するとiPhoneが以下のような画面になります。

IMG_0163_20100217044858.png

以上がiPhoneからMacへのファイル送信の仕方です。
今回はOther filesを使って説明しましたが、写真などは以下のようなアイコンをタップすれば送信が可能です。

IMG_002f.png


iBlueNovaは他にも色んな設定ができるので好みで設定を変更してみるといいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。