Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[検証]Mac最新システムでiPhone 3GSのダウングレードとJailbreak
Mac最新システム環境にてiPhone 3GSを3.1.3 Jailbreak環境から3.1.2へのダウングレードと、PwnageTool 3.1.5を使用しての3.1.3 Jailbreakの検証を行いました。

使用システム
Mac OS X 10.6.3
iTunes 9.1
iPhone 3GS 3.1.3(PwnageToolでJailbreak済)

まず3.1.3JB環境から3.1.2へのダウングレードはこちらの記事の方法で問題無く成功しました。

次にノーマル3.1.2環境になったところでPwnageTool 3.1.5を使用して3.1.3JBを検証。

最後の、「Yes」か「No」を聞いてくるところで「Yes」をクリック。

スクリーンショット(2010-04-01 3.26.55)

リカバリーモードにせよと指示されます。

スクリーンショット(2010-04-01 3.55.39)

「OK」をクリックしてiPhone 3GSをリカバリーモードにしてoption+復元で作成された3.1.3カスタファームウェアを選択。すると以下のように「復元用にiPhoneを準備中...」が永遠に続いてJailbreakできませんでした。

2010040106063137e_20100401062425.png

次に再度ノーマルの3.1.3に復元、3.1.2にダウングレードしてPwnageToolにて「Yes」を選択し、DFUモードにてJailbreakを試みましたが今度は「不明なエラー1600」が返されて失敗。

201004010609105af_20100401062525.png

次に再度ノーマルの3.1.3に復元、3.1.2にダウングレードしてPwnageToolにて「No」を選択しました。
以下の画面になります。

スクリーンショット(2010-04-01 4.30.03)

iTunesが自動的にリカバリーモードになります。

スクリーンショット(2010-04-01 4.30.17)

option+復元で作成された3.1.3カスタファームウェアを選択すると以下のように「不明なエラー2001」が返されます。

20100401061440ba0_20100401062620.png

ここで「OK」をクリックし一旦USBケーブルを外します。そして再度USBケーブルでiPhone 3GSとMacを繋ぎます。
そしてもう一度option+復元でカスタファームウェアを選択すると無事インストールが完了し3.1.3のJailbreakに成功しました。

尚、これは私の環境にての成功事例です。
全ての人にこの方法が当てはまる保証はありませんのでご了承下さい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。