Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iTunes 9.2、各種検証
iTunesを9.2にアップデートして各種検証を行いました。

使用環境:
MacBook Black Core Duo
Mac OS X 10.6.4
iPhone 3GS(PwnageToolでJailbreakされた3.1.3 JB)

以下、検証結果です。(私の使用環境での結果です。全ての方がこの結果になるかどうかはまだ分かりません)

PwnageToolでJailbreakされた3.1.3 JBから4.0 GM seedへのアップデート。同期等問題無し。

4.0 GM seedから正規3.1.3に復元。同期等問題無し。

正規3.1.3の状態からSpirit Jailbreakを実行。失敗するかと思われたが成功。同期等も問題無し。

Spirit Jailbreakされた3.1.3 JBから正規3.1.3に復元。成功。同期等問題なし。

正規3.1.3からSHSHを使用して3.1.2にダウングレード。成功。同期等問題無し。

正規3.1.2からPwnageToolを用いて3.1.3 Jailbreakを実行。CFWの作成、payloadも成功。option+復元にてCFWを選択して3.1.3JB成功。同期等問題無し。

以上です。

ただし、私の使用環境下においては4.0 GM seed以外のOS(3.1.3、3.1.2)へ復元等を行った場合Activationの際、iTunesにこのような画面が表示されました。

スクリーンショット(2010-06-19 8.04.34)

一瞬焦りましたがiPhoneの画面を見るとこの画面になっていました。

IMG_0001_20100619114002.png

通常ならiTunesにてiPhoneの設定をしないとactivateされないので不思議に思いました。
そこでUSBケーブルを一旦外して再度MacBookに繋ぐとiTunesは先ほどの画面表示にはならず問題なくこの画面になりました。

スクリーンショット(2010-06-19 9.35.00)

「新しいiPhoneとして設定」したら同期されました。

考えられる原因は過去にJBしていたからかとも思いましたがモデムベースバンドの数値に起因するような気がします。
私のiPhone 3GSは4.0 betaの数値まで上がっています。原因は他にあるかもしれませんが4.0 GM seedに復元した時はiTunesが「お使いのiPhoneに問題があります」の画面にならなかったので可能性としては考えられると思います。

また復元の際、option+復元から任意のipswファイルを選択した場合このような画面が表示されるようになりました。

スクリーンショット(2010-06-19 8.16.44)

今回特に気になったのはiTunes 9.2がSpirit Jailbreakを妨げると思い込んでいたのに成功し、同期等も問題なく行えた事です。Twitter等で「Spiritに関しては問題があるかもしれないのでiTunes 9.2にはアップデートしない方が良い」とかなり言われていたのですが気になったので実行してみました。
ただ、これは私の使用環境下においての成功であって全ての人にあてはまるかどうか定かではありません。
Spirit JBの方はiTunes 9.2にはアップデートしない事を私も推奨します。
PwnageToolはDev Teamもアナウンスしていたとおり問題ありませんでした。
もし行われる方はあくまで自己責任でiTunes 9.2にアップデートされますようお願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。