Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iOS 4.3.1 JB環境でAction MenuやRotation Inhibitorを使えるようにする方法
Cydiaパッケージの中にはインストールの可否をiOSのファームウェアバージョンに依存している物があります。Action MenuやRotation InhibitorなどがそうでiOS 4.3.1環境では以下のようにまだインストールができなかったりします。



ここではAction Menuを例にとってインストールして使えるようにしてみようと思います。

iFileを使ってAction Menuのdebファイルをインストールします。 (debファイルはiOS 4.2.1などAction MenuをCydiaからインストールできるiOS JB環境のDeviceでDebBkupを使えば入手できます。)



以下のようにエラーが表示されますがrespringします。



この状態では以下のようにCydiaではRemove対象になります。





また、Cydiaから他のパッケージをインストールしようとすると同時にAction MenuがRemove対象になります。



これを回避する方法を説明します。

/var/lib/dpkg
の中に「status」というファイルがあります。この中のAction Menuに関する記述をiFileを使って変更します。
(変更する前にstatusをバックアップしておくといいと思います)



これをタップしてテキストビューアーで開きます。



「編集」をタップします。



検索ボタンをタップします。



検索欄に「Action Menu」と入力すると探す手間が省けて楽です。



Action Menuに関する記述が見つかったらパッケージの「Version」とDependsの「firmware」の数値を実際よりも高い数値に書き換えます。



パッケージVersionはデフォルトの1.1.1より高い数値(例えば1.1.2)、Dependsのfirmwareは4.3.2より高い値に書き換えます。
「保存」をタップします。



「完了」をタップします。



念のためrespringします。

以上で完了です。
Cydiaを開いて上手くできているか確認します。

Remove対象ではなくなりました。





他のパッケージをインストールする際もAction MenuがRemove対象にならなくなりました。



[補足]
パッケージのVersionを書き換える理由はそのままだとCydiaを開くとアップデートを促されるからです。

firmwareの数値「<<4.3」の意味は「iOS 4.3未満」です。これを書き換えることでiOS依存をフェイクできます。

statusの内容を書き換えるとクラッシュしたりするリスクがあります。上手くいく時もあれば不具合が生じることもあります。最悪復元せざるを得ない場合もあるので気をつけて下さい。

パッケージのVersionを高い値に書き換えるとCydiaにそのパッケージのアップデートがリリースされても表示されません。アップデート情報はTwitterなどで収集して下さい。アップデートがリリースされたらstatusの各値を元に戻すか、一度パッケージ自体をCydiaからアンインストールしてから最新版をインストールして下さい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。