Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
X02NK YaPN 導入。Yahoo!ケータイ利用可能に
X02NKに、YaPNを導入しました。
同機はPCサイトは見れるけど「Yahoo!ケータイ(携帯サイト)」の利用は不可でしたが、YaPNを導入することにより、利用が可能になります。

Screenshot0014.jpg

Screenshot0015.jpg

以下に私のMac OSXでの導入手順を記していきます。
下記作業される方はあくまで自己責任でおこなわれますようお願いします。

まず、YaPNを利用するには下記アプリの導入と設定が必要となります。

1. YaPN_0_0_4_unsigned_no_uid.sis : skyblue.me.ukさんのサイトのこの記事よりダウンロード。

2. yapn.conf : これもskyblue.me.ukさんのサイトのこの記事よりテンプレートをダウンロード。

3. appswitch103_unsigned_devcertfree.SIS : このページよりダウンロード。どこにダウンロード用のリンクがあるか分かりにくいので直リンクはこちらです。

4. PythonForS60_1_4_3_3rdEd.SIS : こちらよりダウンロード。

上記の内、1と3は後ほど記す手順でSymbian SignedサイトにてOpen Signedを行います。
2は後ほど記す内容に書き換えます。

手順1 :「YaPN_0_0_4_unsigned_no_uid.sis」のOpen Signed。
Symbian SignedサイトのOpen Signedのページへ

ピクチャ 2

「Open Siged Online」をクリック。

ピクチャ 2

Application informationを入力していく。
・「IMEI number」 : 端末シリアル番号(*#06#で表示)を入力
・「Email」 : Emailアドレスを。
・「Application」 : 「ファイルを選択」をクリックして「YaPN_0_0_4_unsigned_no_uid.sis」を選択。
・「Capability information」 : 「Select all」をクリック。
・次の欄 : グレー調の画像で表示されている英数字を入力
・「Accept legal agreement」 : チェックを入れる。
・「Send」を押し、「Success」と表記されればOK。

「Open signed confirmation email」という件名でメールが届きます。
その中にあるConfirmation Linkにアクセス。
するとしばらくしたら「Open Signed application signed notification」というメールが届きます。
この中にある「Download link」にアクセス。
以上でOpen SignedされたYaPNがダウンロードできます。

手順2 : 手順1同様の手順で「appswitch103_unsigned_devcertfree.SIS」をOpen Signedしてダウンロード。

手順3 : yapn.confをテキストエディタ等で以下の記述どおりに書き換える。

wap-proxy: vfkkwapproxy.vodafone.ne.jp
wap-proxy-port: 8080
mms-proxy: vfkkmmsproxy.vodafone.ne.jp
mms-proxy-port: 8080
mms-server: mms
User-Agent: Vodafone/1.0/V702NK/NKJ001 Series60/2.6 Nokia6630/2.39.148 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
x-wap-profile: http://nds1.nds.nokia.com/uaprof/N6630r100.xml

書き換え後、ファイルの拡張子に注意。「.txt」と付いていれば取り除きファイル名を「yapn.conf」とする。

手順4 : X02NKの外部メモリ「E」に「Python」というフォルダを作りその中に手順3で作成した「yapn.conf」を入れる。

手順5 :「PythonForS60」と Open Signedした「YaPn」「appswitch」の各種ファイルをX02NKにインストール。
私はMacBookからBluetoothを使用してファイルを送信してインストールしました。

手順6 : 端末のアクセスポイントを作成します。
メニュー>ツール>設定>接続>アクセスポイント>オプション>新規アクセスポイントから、YaPN用のアクセスポイントを作成。

Screenshot0017.jpg

Screenshot0018.jpg

・接続名 : 「VFJPなど」(何でも可)
・データアベラ : 「パケット接続」
・アクセスポイント名 : 「mailwebservice.vodafone.ne.jp」
・ユーザ名 : 「vodafonelive」
・パスワード確認 : 「いいえ」
・パスワード : 「qceffknarlurqgbl」
・認証 : 「安全」
・ホームページ : 「http://ptl/menu/」
と入力。

次にオプション>詳細設定より

Screenshot0019.jpg

Screenshot0020.jpg

・ネットワークタイプ : 「IPv4」
・電話機IPアドレス : 「自動」
・DNSアドレス : 「自動」
・プロキシサーバアドレス : 「127.0.0.1」
・プロキシポート番号 : 「1234」
と入力。

以上で設定完了。

YaPNを起動し、StartProxyを選択。
デフォルトアクセスポイントを選択する画面が出る場合があります。
その際は先ほど作成したアクセスポイント(上記だとVFJP)を選択。

インターネットを開き、VFJP経由でURL「http://ptl/menu/」を入力すればYahoo!ケータイが利用可能になります。

初期設定ではインターネットの接続がApplication Connectionになっています。
インターネット>オプション>設定>一般のアクセスポイントを「常に確認」にしておきます。

以上、覚え書きということで・・・

追記:文字入力の検索結果などで文字化けが起こるようです。原因を調査中です。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。