Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Apple、Samsungにフラッシュメモリを大量発注
「iPhone」の増産に向けた動きか

samsung-logo.jpg

台湾のITサイトDigitimesは7月2日、Appleが最近、8Gビットのフラッシュメモリチップを5000万個発注したと報じました(8Gビット=1Gバイト)。Appleは「iPhone 3G」において8Gバイト版および16Gバイト版を発売する計画なので、単純計算でも1Gバイトのフラッシュメモリ5000万個というと、16Gバイト版なら300万台以上、8Gバイト版なら600万台以上、あるいは両バージョンをもう少し均等にリリースする予定、ということになるのでしょうか。

Samsungは他の顧客に対して、Appleから大量注文が入ったためNAND型フラッシュメモリがしばらく入手困難になる可能性があり、フラッシュメモリの納品を待たされる可能性があると警告を発しているようです。ちなみにSamsungはフラッシュメモリの供給確保のため、Appleが2005年に契約を結んだ会社の1つです。

Appleは、6月には8Gビットのフラッシュメモリ2500万個を注文した模様。そして今回、iPhone 3Gの勢いをさらに加速させるべく、計画を進めているようです。Appleはこれまで、2008年におけるiPhoneの販売台数は1000万台となる見込みだと強く主張してきました。この目標を達成するには、2008年下半期で約770万台を売らなければならない計算になります。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。