Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iPhone 3GとMacのSFTP接続
前回の記事、「iPhone 3GとMacのSSH接続」ではOpenSSHを使った端末間の接続の方法を書きました。今回はその事を踏まえた上でSFTP接続について記事を書いてみようと思います。

SFTPとはSSHの仕組みを使用しコンピューター間でファイルを安全に転送するプロトコルの事です。また、OpenSSHには、sftpコマンドがサブシステムとして含まれています。この事から前回の記事にも書いたように、SSH接続を使ってMacがiPhone 3Gにログイン可能だという事を前提に話を進めていきます。

SFTPクライアントアプリケーションの中でもMacユーザの間では定番のアヒル隊長こと「Cyberduck」を紹介します。

cyberduck-application.jpg

CyberduckはSFTPの他にFTP、WebDAV、S3といった種類の接続を可能にする非常に便利なツールの一つです。ダウンロードは公式HPより可能です。

特筆すべきはそのFinderライクなインターフェイス。このアプリを使ってiPhone 3Gに接続するとiPhone 3Gの中身を視覚的に見る事ができます。またFinder同様、ファイルのアップロード、ダウンロードも行う事ができます。

使い方を説明します。

アプリを起動します。
ピクチャ 1

左下の+ボタンを押して新しいブックマークを作成します。
ピクチャ 2
ニックネーム:任意
プロトコル:SFTP
サーバ:iPhone 3GのIPアドレス(ここでは例をとって192.168.11.8とします)
ユーザ名:root

以上でブックマークができあがりダブルクリックすると以下の画面のようにパスワードを求められるので「alpine」と入力してログインをクリック。「キーチェーンに追加する」にチェックをいれておくとログインの際のパスワード入力の手間が省けます。
ピクチャ 6

ピクチャ 3

以下の画面はiPhone 3Gの内部のディレクトリ構造をFinderライクに表示しているところです。
ピクチャ 4

例えばiPhone 3Gのカメラで撮影した写真は、
/private/var/mobile/Media/DCIM/100APPLE
の中に保存されています。もちろんMacにダウンロード可能です。

私はこのCyberduckを使う事が非常に多くiPhone 3GのHOME画面のバックグランド画像やアイコン画像をカスタムしたりして遊んでいます。脱獄の醍醐味と言ったところでしょうか。
IMG_0001_20080821235840.png

Cyberduckはなかなか優れ物なのでおすすめです。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。