Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PwnageTool 2.1リリース。iPhone 2.1の脱獄成功!
iPhone-dev TeamがJailbreakツール「PwnageTool」のバージョン2.1をリリースしました。ダウンロードはこちらから。

ピクチャ 1


早速、iPhone2.1のJailbreakに挑みました。結果、最後の最後で思わぬ壁が待っていてつまずきましたが、無事成功しました。

基本的には手順は今までのバージョンと一緒ですが、最後が違います。

いつものように以下にレポートします。される方はあくまで自己責任でお願いします。

あらかじめMacとiPhone 3Gを接続しておきます。

iPhoneソフトウェア2.1もiTunesでダウンロードしておきます。

↓PwnageTool2.1を起動。OKをクリック。
ピクチャ 2

↓今回も私は左上から「Expert mode」を選択。iPhone 3Gを選択して右下の「→」をクリック。
ピクチャ 3

↓自動的にカスタム元のIPSWを探してきてくれます。今回使用するのは「iPhone1,2_2.1_5F136_Restore.ipsw」。選択して「→」をクリック。
ピクチャ 4

↓Expert modeの設定に移ります。「General」を選択してチェックを入れ「→」をクリック。
ピクチャ 5

↓「Activate the phone」のチェックをはずします。これをしないと電話機として使えません。Root partition sizeを1000MBに設定。ここは任意の数値でOK。「→」をクリック。
ピクチャ 6

↓この画面ではそのまま「→」をクリック。
ピクチャ 7

↓この画面でもそのまま「→」をクリック。
ピクチャ 8

↓この画面でもそのまま「→」をクリック。
ピクチャ 9

↓「Boot logo」と「Recovery logo」のチェックをはずす。ここは任意。
ピクチャ 10

↓「Build」を選択してチェックを入れ「→」をクリック
ピクチャ 11

↓カスタムファームウェアの保存場所を聞かれるのでデスクトップにでも指定して「Save」をクリック。
ピクチャ 12

↓自動的にBuildが始まります。
ピクチャ 13

↓途中Macのパスワードを聞かれるので入力して「OK」をクリック。
ピクチャ 14

↓以下の表示になったら「NO」をクリック。
ピクチャ 15

↓次に以下の表示になってiPhone 3GをDFUモードにするよう指示してきます。でも今回はここでPwnageToolを強制終了するか、右下の「戻る」ボタンをクリックして前の画面に戻り右上の「Exit」をクリックして終了します。ここが大きなポイントでした。DFUモードにしないこの方法で私は成功しました。
ピクチャ 17

↓iTunes 8を起動。「option」を押しながら「復元」をクリック。先ほど出来上がったカスタムIPSWを選択。ファイル名は、
iPhone1,2_2.1_5F136_Custom_Restore.ipswです。
ピクチャ 1

後はiTunes 8まかせ。

以上で脱獄成功しました。

今回のポイントは最後にiPhone 3GをDFUモードにせず普通にoption+復元でリストアするという点でした。

実際最初、PwnageToolの画面にしたがいDFUモードにしてカスタムIPSWでリストアを試みたところ「エラー 1600」が出て失敗しました。元の2.0.2に戻すこともできず真剣にあせりました。

で、もしかしてと思い、iPhone 3Gを起動しなおし普通にoption+復元してみてはどうかと思いやってみたところ、なんと成功しました。これには正直驚きました。無事成功した時は思わずガッツポーズしてしまいました。

以上、とよしんのレポート終わります。

これからiPhone2.1の改善された点を色々と楽しみながら検証してから寝ようと思います。

お疲れ様でした。

追記(9/14,13:00)
ほぼ徹夜作業の末、昼過ぎに起床しました。

今回のJailbreakに関しては私の場合、DFUモードにせず普通にoption+復元でリストアして無事成功しましたが、正式なリストアはどの方法でするのでしょうか?

偶然にもうまくいったからいいけど、ちょっと気になるところです。

追記(9/15,14:15)
今のところ以下のようなリストア方法で成功例があるようです。
①iTunes8でそのままOption+復元で2.1カスタムを指定して直接2.xJB→2.1JB
②iTunes8で、DFUモードに入れて直接2.xJB→2.1JB
③iTunes8でoption+復元で一旦純正2.1にしたのち、DFUモードで2.1JB
④iTunes8でoption+復元で一旦純正2.1にしたのち、option+復元で2.1JB

私は①だったことになります。

追記(9/20,22:40)
コメントの方に色々と成功事例が報告されています。失敗でお悩みの方は一応参考にしてみてはいかがでしょうか。
Expert modeではなく、Simple modeでの成功がちらほらと・・・
色々と試しているうちに成功した!という意見もあります。今回の脱獄は十人十色のようですね。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Phone Dev Teamが15日、iPhone / iPod touch用カスタマイズツールの最新版「PwnageTool 2.1」を公開した。動作環境はMac OS X 10.4以降、ダウンロードは無料。このツールを利用することにより、iPhone / iPod touchへ任意のアプリケーションをインストールする「JailBreak」
2008/09/15(月) 10:56:02 | 伊藤浩一のW-ZERO3応援団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。