Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PwnageTool 2.2.5リリース。iPhone 3G 2.2.1脱獄成功!
iPhone Dev-TeamがPwnageToolの最新バージョン2.2.5をリリースしました。

ピクチャ 1

こちらの記事から入手できます。
ダウンロード後、ディスクイメージの中からデスクトップに取り出して使用して下さい。

さっそく脱獄を試みましたところ、エラー頻発も無くあっさり成功しましたので、レポートいたします。行われる方は自己責任でよろしくお願いします。

操作方法はこれまでのPwnageToolとほぼ同様です。

今回使用するipswファイルは、
「iPhone1,2_2.2.1_5H11_Restore.ipsw」
です。

あらかじめiPhone 3GをiTunesに接続しダウンロードのみしておきます。

それではレポート始めます。

↓PwnageTool 2.2.5を起動。「OK」をクリックして右下の「→」をクリック。
ピクチャ 2

私の環境では自動的にiTunesが起動して「インストールする」うんぬんと聞いてきましたが、もちろん「インストールしない」をクリック。その後一度iTunesは終了しておきます。

↓今回も私は左上の「Expert mode」を選択。iPhone 3Gを選択して「→」をクリック。
ピクチャ 3

↓自動的にipswのサーチが始まり、結果が表示されます。先ほど書いたとおり今回は、
「iPhone1,2_2.2.1_5H11_Restore.ipsw」
を選択して「→」をクリック。
ピクチャ 4

↓「Expert mode」の設定に移ります。「General」を選択して「→」をクリック。
ピクチャ 5

↓「Activate the phone」のチェックを外します。「Root partition size」を1000MBに設定。ここは任意の数値でいいと思います。入力後「→」をクリック。
ピクチャ 6

↓この画面ではすることがないので、「→」をクリック。
ピクチャ 7

↓ここも何もせず「→」をクリック。
ピクチャ 8

↓ここもチェックそのままで「→」をクリック。
ピクチャ 9

↓「Boot logo」と「Recovery logo」のチェックを外し「→」をクリック。ここは任意でいいと思います。
ピクチャ 10

↓以下の画面になったら「Build」を選択し、「→」をクリック。
ピクチャ 11

↓カスタムファームウェアの保存先を聞いてくるのでデスクトップを選んで「Save」をクリック。
ピクチャ 12

↓Buildingが始まります。
ピクチャ 13

↓途中Macのパスワードを聞かれるので入力して「OK」をクリック。
ピクチャ 15

↓以下のように表示されたらとりあえず「No」をクリック。
ピクチャ 15

↓DFUモードへの作業に移ります。画面に表示されるとおりiPhone 3Gの操作を行って下さい。コツはカウントに合わせる事です。
ピクチャ 16

↓無事以下の表示がでたら「OK」をクリック。
ピクチャ 17

↓以下の画面になるので右上の「Exit」をクリックしてPwnageToolを終了します。
ピクチャ 18

↓iPhone 3GとMacを接続。iTunesが起動。以下のように表示されたら「OK」をクリック。
ピクチャ 19

↓「option」を押しながら「復元」をクリック。
ピクチャ 20

↓どのipswファイルを使うか聞いてくるので先ほどデスクトップ上に出来上がった、
「iPhone1,2_2.2.1_5H11_Custom_Restore.ipsw」
を選択して「開く」をクリック。

あとはひたすらiTunesまかせです。ちょっと長いですが気長に待ちましょう。

今回の脱獄DFU絡みでエラーも出ないか心配でしたが非常にスムーズに成功しました。

なお、
Fixing DFU mode on 10.5.6、
の方法もこちらのページに記載されています。
Apple Developer Connectionのメンバー登録が必要ですが・・・
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。