Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「SpringBack」SpringBoardのアイコン配置をバックアップ、リストア
Cydiaからの紹介。(要Jailbreak)

IMG_0002_20090525171756.png

iPhoneのホーム画面(SpringBoard)のアイコン配置をバックアップして、何かあった時に元に戻す(Restore)事ができるアプリ「SpringBack」

とよしんの場合よくiPhoneがSafe Modeになってアイコン配置がぐちゃぐちゃになる時があります。ちなみにSafe Modeとはこんな感じのやつです。
safe-mode-1.png

そんな時に役だつのが今回紹介する「SpringBack」

Cydiaからインストール後、HOME画面にアプリアイコンが現れるのでタップで起動。
IMG_0003_20090525172219.png

初めて起動した時だけ以下の画面が現れるので「Got it」をタップ。
IMG_0005_20090525172328.png

すると以下の画面になります。右上の「Backup」をタップ。
IMG_0006_20090525172422.png

以下の画面になるので「Yes」をタップ。
IMG_0007_20090525172512.png

以下のように名前を入れるように言ってくるので任意の文字を入力して「Done」をタップ。
IMG_0008_20090525172632.png

すると以下のようにBackupファイルが作成されます。
IMG_0009_20090525172720.png

試しにとよしんは、iPhoneのアイコン配列をぐちゃぐちゃに変更してみました。

その後、SpringBackを起動して先ほど作成されたBackupファイルをタップ。そして「Restore」をタップ。
IMG_0011_20090525172919.png

するとRestoreが開始され自動的にRespringします。

そしてアイコン配置を見てみると・・・

ちゃんと元に戻ってます!!
すごい!

ちなみにiPhoneのどこにBackupファイルが作成されるかと言うと、

/private/var/mobile/Library/SpringBack
の中に、
IMG_0012_20090525173327.png

以下の要に保存されています。
IMG_0014_20090525173424.png

もう一度SpringBackを開いてみましょう。
IMG_0013_20090525173521.png

上記のようにBackupファイルとBackupした日付と時間の入ったファイルが作成されていますね。

このアプリかなり便利だと思います。
例えば、再Jailbreakする前に、
/private/var/mobile/Library/
内のSpringBackフォルダを母艦PC or Macに保存しておいて、再Jailbreak後、このアプリをインストールしてSpringBackフォルダをもどしてRestoreを実行すると、もしかしたらアイコンの配置も元通りにしてくれるかもしれません。(あくまで予想ですが・・・)

とにかく、あのSafe Modeのぐちゃぐちゃのイライラから解放されそうです。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。