Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(Widget) WAD Super完成。(ロック解除画面の壁紙も復活)
こちらの記事の続きです。

iPhone3.0 Jailbreak環境になって今まで使用していた(Widget) WADについてです。

問題がありました。

それは、(Widget) WADをWinterBoardから適用すると、ロック解除画面の壁紙が表示されなくなる件です。

この原因が分かりました。

(Widget) WADの中にあるLockBackground.htmlが壁紙の上から覆い被さっていたのです。これは(Widget) WADに限らず、その他のLockBackground.htmlを含むようなテーマでもWinterBoardから適用した場合必ず起こる3.0JB環境故の現象です。

では、今のとよしんのロック解除画面を見てみましょう。

IMG_0027_20090622210210.png

IMG_0028.png

ご覧のとおり壁紙が復活しているのがお分かり頂けますでしょうか?

これを成功させるにあたりかなりの時間を要しました。

その結果、(Widget) WADの内部に新たに、「Wallpaper」フォルダを作成し、その中に、「LockBackground.jpg」という壁紙になる画像を入れる方法を思いつきました。

あと、LockBackground.htmlも一部追記しました。
つまり、
「Wallpaperフォルダの中のLockBackground.jpgも表示する」
と、いった内容にhtmlを追記したのです。

もちろんとよしんは、htmlの知識はないので、めちゃくちゃな構文になっているかもしれませんが。

ちなみに、HOME画面の(Widget) WADは、

22644367.jpg

こんな感じです。
当ブログをよくお読みの方はご存知ですよね。

で、今回はこの(Widget) WADを(Widget) WAD Superとして、アップロードいたします。

今までとよしんの(Widget) WADをご使用になられていた方で、もし気に入られた方はどうぞご自由にダウンロードしてお使いください。

ダウンロードはこちら

壁紙を任意の物に変更したい場合は、

(Widget) WAD Super/Wallpaper/
の中の、「LockBackground.jpg」
を好きな画像に変更して下さい。

つまり任意のjpg画像のファイル名をLockBackground.jpgにして上書きするといった手順です。

(Widget) WADの都市の設定の仕方などは、こちらの記事に詳しく書いてあります。

なお、ReSpringした後や、Rebootした後に壁紙が表示されるまで少し時間がかかりますが、ご了承下さい。

追記:

IMG_0032.png

こちらのアナログ時計ありのバージョンもアップしました。

ダウンロードはこちら
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。