Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iPhone ロック解除画面の日付を消す方法
当ブログで質問の多い、ロック解除画面の日付を消す方法です。

消す前のロック解除画面

IMG_0198.png

/System/Library/Frameworks/UIKit.framework/DateFormats
の中の、
ja.plist
を開きます。

ピクチャ 1

UIWeekdayNoYearDateFormat
の値を消去して上書き保存します。

ピクチャ 2

Respringすれば、このように日付が消えます。

IMG_0199.png

ja.plistの編集は、Cydiaから出ている「iFile」を使用しても行えます。

iFileで開いているところ

IMG_0196.png

また、iPhoneの「設定→言語環境→書式」で「英語→アメリカ合衆国」を選んでいる方は、同ディレクトリのuk.plistを開きます。

ピクチャ 3

同じようにUIWeekdayNoYearDateFormatの値を消去してファイル名を「en.plist」として同ディレクトリに保存します。そしてRespringすればOKです。

iFileで行う場合は、uk.plistをコピーして同ディレクトリに「名前変更で」ペーストします。
すると「uk(1).plist」というファイルが出来上がるのでそれを編集して保存し、「en.plist」とリネームしてRespringすればOKです。

実は、このUIWeekdayNoYearDateFormatの値を自分の好きな文字にしたら日付を任意の文字に変更する事も可能です。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。