Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CydiaアップデートでiPhone 3G[S]のECIDをサーバにアップロード
Cydia Installerのアップデート、1.0.3030-62がリリースされました。

このような画面が表示されたと思います。

01_20090909133802.png

「Make my life easier,thanks!」

「I hate jailbreaking.Go away.」
とあり読んで字の如くですが、素直に「Make my life easier,shanks!」の方をタップしましょう。
すると、Cydiaのトップ画面がこのようになります。

IMG_0186.png

画面上方に小さな字で、
This iPhone 3G[S] has an ECID SHSH on file.
と表記されるようになります。

これが何かというと。

Saurikが間もなくリリースされるであろうiPhone OS 3.1のJailbreakをする際の対策として、各個人の「ECID」をSaurikのサーバに置いておくよということです。

「ECID」とはiPhone 3G[S]の端末情報。(その個体によってECIDはそれぞれ異なります)
iPhoneを復元する際にiTunesとAppleとの間でやりとりされるファイルの事です。

saurikのサーバにECIDが登録されたiPhone 3G[S]はJailbreakの際、サーバとJailbreakツール(Pwnage Toolかな?)がやりとりして改変IPSWファイル(カスタムファームウェア)をiPhone 3G[S]にインストールする事が可能になるかも、という事です。

先ほどの「Make my life easier,shanks!」をタップする事により、iPhone 3G[S]のECIDがsaurikのサーバにアップロードされ保存されるようです。

以前は、purplera1nのサイトで自分で取得しなければいけなかったECIDをsaurikがCydiaを介して半自動的にサーバに保存しますよという事みたいです。

ですからiPhone OS 3.1のJailbreakをお考えの方は、迷わず「Make my life easier,shanks!」をタップしておく事にこした事はありません。

saurik曰く、
I store them on my server, and am working with the various jailbreak teams on being able to have the tools just magically use my server to get what it needs.

との事。

ちなみに私は、iPhone 3GSなのでiPhone 3Gでもこの話が適用されるのかどうかは分かりません。
saurikの「iPhone 3G[S]」という表記の仕方がちょっと気になるところです。


それとiBEC、iBSSの取得も行っておくにこした事はないと思います。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。