Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Appleイベント「Come see our latest creation」にてJailbreakerとして感じた事
Appleイベント「Come see our latest creation」にて「iPad」が発表されましたね。

ipad_hero2_20100127.jpg

イベントでの様子

apple-creation-0097-rm-eng.jpg

アメリカのAppleのサイトにて動画も公開されています。

さてiPadの事はこれくらいにしといて、iPhoneのJailbreakerとして感じた事でも書いてみようと思います。

まず噂されていたiPhoneの新OS 4.0などの発表はありませんでした。

もし出るのならどんな機能が搭載されるのか気が気でなりませんでした。

そしてもしイベントの後にダウロードが可能になっていたとしたら「いてもたってもいられない」といういつものイライラ感に苛まれるところでした。

しかし、iPhoneの新OSの発表は全くありませんでした。

もし発表されていたらそれに対応する新たなJailbreakツールがリリースされるまでアップデートを指をくわえて待つ事になっていたと思うと、ある意味発表がなかったのは「ほっとした感じ」、では無いでしょうか?

新BootRom搭載のiPhone 3GSもまだtethered jailbreakの状態だし、ましてや新しいiPhoneの発表があったらどうしようと思っていた方も少なくないと思います。

ですから、結果的に見ると「iPad」は出るけど内容から見ても現行のJailbreakを施した自分のiPhone 3GSで全く問題ないというのが私の見解です。

実際今回のイベントを私はどのようにリアルタイムで見ていたかというと、

いつものようにmacwebcaster.comさんのWebチャットを布団の中でiPhone 3GSで開いて上枠に表示されるリアルタイム翻訳テキストを見ながら、右欄に随時アップされる写真をタップして見ていました。

もちろんSBSettingsでAutoLockのToggleをオフにしてスリープしないようにして。

そして同時にTwitterもしていました。

Kirikaeを使って擬似マルチタスクしながらMobileSafariとTwitterを行き来していました。

このことから現行の3.1.2 iPhone 3GS Jailbreak環境が非常に便利だという事を改めて実感しました。

(私のiPhone 3GS)

photos-hardware-02-20090623.jpg


気になる事は一つだけです。

iPhone SDK 3.2 betaの配布が開始されている事ですね。
デベロッパーはこのSDKで、iPad、iPhone、iPod touchの3つのデバイスで動作するユニバーサルアプリケーションを開発することも出来るようになっています。

これもまだbeta版なのでiPhoneの新OSがリリースされるのはもう少し先になると思います。

新iPhoneも発表されなかったし、次来るであろう新OSがリリースされてもそれに対応するJailbreakツールが出現する可能性は非常に高いと私は勝手に想像しています。

さてiPadの日本での販売が開始されたら購入するかどうか。

この事に関してはゆっくり考えようと思います。

お金も貯めないとダメですしね。


で、最後にですが今回のイベントで私が一番興味をもったのは別売りのiPad専用外付けキーボードですね。

ipad-keyboard-dock-pr-1.jpg

これ日本語版iPhone 3GSでも使えたらとても便利だなあと思いましたwww
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
お花屋さんの気ままなブログゥ~♪
2010/01/28(木) 18:06:29 | 花ギフト館のブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。