Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mac環境にてiPhone 3GS 3.1.3から3.1.2へのダウングレード成功
追記:一部記事を書き換えました。




この記事は、誤ってiPhone 3GSを3.1.3にアップデートした方用に私が検証したものです。
3.1.2JB環境の方は現状を維持してくれぐれも試さないようにお願いします。失敗しても当方は責任を負いませんのでご了承下さい。尚、これはMacでの方法です。Windowsでの方法は分かりません。



使用環境:
Mac OS 10.6.2
iTunes 9.0.3

条件があります。
CydiaのsaurikのサーバーにECIDをアップ成功している方のみ成功します。
少なくとも「3.1.2 SHSH on file」である必要があります。
CydiaのHOME画面がこんな感じになっている人のみ対象です。

01_20100205140217.png

これが条件です。

では説明します。

まず下準備から始めます。

あらかじめこちらのサイトより3.1.2のipswをダウンロードしてデスクトップに置いてください。ファイル名は、
iPhone2,1_3.1.2_7D11_Restore.ipsw
です。

Macのディレクトリ、
/etc内の「hosts」というファイルに、
74.208.10.249 gs.apple.com
と追記する必要があります。

追記するにはroot権限でMacにアクセスする必要があります。

まず、システム環境を開きアカウントを開きます。

スクリーンショット(2009-09-13 10.39.55)

ログインオプションを開きます。

スクリーンショット(2009-09-13 10.40.50)

ネットワークアカウントサーバの「接続」をクリックします。

スクリーンショット(2009-09-13 10.41.04)

「ディレクトリユーティリティを開く」をクリックします。

スクリーンショット(2009-09-13 10.41.15)

追記:
OSがLeopardの方。
ディレクトリユーティリティは、
「アプリケーション」>「ユーティリティ」の中にありますのでそれをご使用下さい。



鍵アイコンがロックかかっている場合は、クリックします。

スクリーンショット(2009-09-13 12.01.41)

Macのパスワードを入力してロックを解除します。

スクリーンショット(2009-09-13 10.42.28)

メニューバーの「編集」から「ルートユーザを有効にする」を選択します。

スクリーンショット(2009-09-13 10.42.50)

ルートユーザのパスワードを設定します。

スクリーンショット(2009-09-13 10.43.07)

以上でroot権限でログイン可能にする準備完了です。

次にMacをログアウトします。

ログイン画面の「その他のユーザ...」をクリックします。

名前:root
パスワード:先ほど設定したパスワード

を入力してrootユーザでログインします。

メニューバーの「移動」から「フォルダへ移動」を選択します。

スクリーンショット(2009-09-13 10.58.00)

/etc
と入力して「移動」をクリックします。

スクリーンショット(2009-09-15 14.23.14)

するとetcフォルダが開きます。

スクリーンショット(2009-09-15 14.23.30)

この中に「hosts」というファイルがあるのでダブルクリックで開きます。そして一番下の行に、
74.208.10.249 gs.apple.com
と追記して上書き保存します。

スクリーンショット(2010-02-05 10.56.26)

hostsの準備はこれでOKです。

次に通常ユーザアカウントに戻りiRecoveryの準備をします。

こちらより「iHackintosh iRecovery Package for Windows & Mac.rar」をダウンロードして展開してできた中にirecovery-mac.zipがあるので解凍します。
デスクトップに「irecovery」という名前のフォルダを作りその中に先ほど解凍してできた「irecovery」ファイルをそのフォルダの中に入れます。

これで下準備は完了です。

ここからは3.1.2への復元に移ります。

iPhone 3GSをMacにUSB接続。

iTunesが起動する

iPhone 3GSをDFUモードにする。
DFUモード:スリープボタンとHOMEボタン同時長押し10秒→スリープボタンのみ離しHOMEボタンを押したまま10秒。iTunesがリカバリーモード(DFUモード)になったらHOMEボタンもはなす。

キーボードのoptionキーを押しながらiTunesの復元ボタンをクリックして3.1.2のipswを選択して復元。
iPhone 3GSの3.1.2のファイル名は、
iPhone2,1_3.1.2_7D11_Restore.ipsw
です。

復元の途中以下のように「不明なエラー1015」が出ますがOKをクリックします。

スクリーンショット(2009-09-13 11.07.32)

iTunesが以下のような画面になるのでOKをクリックします。

スクリーンショット(2009-09-13 11.07.54)

ターミナルを開きます。

「cd」と入力し、「スペース」1文字分を入力します。

スクリーンショット(2009-09-13 11.47.18)

そしてデスクトップ上にある「irecovery」フォルダをターミナルの画面にドラッグします。
すると以下のように自動的に文字が入力されます。

スクリーンショット(2009-09-13 11.51.02)

enterを押します。

次に、
./iRecovery -s
と入力してenterを押します。

するとiRecoveryが作動して以下のような画面になります。

スクリーンショット(2010-02-05 13.34.39)

続いて、
setenv auto-boot true
と入力してenter。
saveenv
と入力してenter。
/exit
と入力してenter。

するとこのような画面になります。

スクリーンショット(2010-02-05 13.34.39)

Macと繋いでいるiPhoneのUSBケーブルを外します。

そして電源ボタンをおして電源を落とします。再度電源を入れます。

するとiPhoneが通常起動してiTunesと接続するようにとの画面になります。
iPhoneをMacに繋ぎます。

あとは通常のアクティベーションモードに入る事ができます。

ターミナルはexitと入力してenter。
もう一度exitと入力してenter。
ターミナルを終了します。

以上で3.1.2へのダウングレードが成功です。

尚、一旦3.1にアップデートされているためモデムベースバンドは「05.12.01」に上がってます。

ちなみに、それ以外に私が行った実験結果を以下に記します。

3.1.2JB→PwnageToolで作成した3.1.2カスタムファームウェアによるJBは成功
3.1.2JB→ノーマル3.1.2は失敗
3.1.3→PwnageToolで作成した3.1.2カスタムファームウェアによるJBは失敗
3.1.3→3.1.2→redsn0w、PwnageToolによるJBは成功

尚、復元中に「不明なエラー3002」が出る方はECIDがCydiaを通してサーバに保存されていないので3.1.2に復元できません。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
御存知の方も少なくないと思いますが、iPhoneOSがバージョンアップしました。 このアップデートにより改善される不具合は以下の3点。 ・iPhone 3...
2010/02/07(日) 06:56:20 | 遊び心!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。