Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Adobe Photoshop Express
Adobe PhotoshopをWebアプリ化させたのが「Adobe Photoshop Express」。
早速アカウントを作成して利用してみました。

ピクチャ 1

Photoshop Expressのトップページにアクセスしてアカウント登録するだけで、Photoshop Expressと2GBのオンラインストレージを試用する権利を入手できる。

非公開の写真を管理 / 加工する「My Photos」。
外部に公開(共有)するアルバムを管理する「My Gallery」。
共有されている写真を閲覧する「Browse」。
以上の3つのカテゴリで作業を行う。
そのうち「My Photos」が、いわゆるレタッチの作業を行う領域。

写真のアップロードは、「My Photos」表示時に現れる「Upload Photos」ボタンをクリックして開始する。
Leopardの場合、iLifeメディアブラウザの機能を利用できるため、iPhotoなど対応アプリで保管する写真も選択できる。

編集機能だが、目的の写真をダブルクリック、またはウインドウ下部の[Edit Photo]ボタンをクリックすればOK。
トリミングや回転(Crop & Rotate)、自動補正(AutoCorrect)、彩度調整(Saturation)やハイライト補正(Highlight)などなど、17項目ある編集機能を利用できる。

ピクチャ 5

従来のPhotoshopに比べるとかなり簡素とはいえ、結構充実した機能を備えている。

単に2GBのオンラインストレージとしても結構使えそうなのでどんどん活用してみようと思います。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。