Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PwnageTool 1.0 ダウンロード開始! iPod Touch ハック(Pwned?)成功
2008040502163.jpg

iPhone DevTeamよりPwnageToolがリリースされました。

[今までのJailbreakとの相違点]
1. Boot Loaderをハッキングする為Appleが修正することが難しい
2. どのバージョンのファームウェアでもハック可能
3. ファームウェアをインストールする前にカスタマイズできる
4. 開発者向けの2.0もハック可能

現在DevTeamによって提供されているのはMac OS X版のみ。
こちらのトップ・ページ下にあるリンクからダウンロードできます。

従来のいわゆるハックが純正ファームウェアの抜け穴を利用する文字通りの「ハック」であったのに対して、Pwnageは最初から改変されたカスタムファームウェア(ipswファイル)のインストールを可能にする新しい考え方のツールです。

で、もちろん私も試してみましたのでレポートします。
やり方は以下のとおり。
当然のことながら自己責任でどうぞ。

1. iPod touch をリカバリモードにする
一番てっとり早い方法はケーブルを外してから一度電源を切りHOMEボタンを押しながら再度ケーブルをMacに接続し、下のような画面が現れるまでHOMEボタンを押し続ける。

200804050305322.jpg

2. ダウンロードしたPwnageToolを起動。

pwn.jpg

3. Browse .ipswボタンをクリック。
現在使用しているバージョンの.ipswファイルを選択する。
通常は、ユーザー/ライブラリ/iTunes/iPod Software Updatesの中にあります。
無い場合、例えばファームウェア1.1.4のipswファイルならこちらから入手可能。
(注)ダウンロード後OSがLeopardなら自動的にゴミ箱に、「iPod1,1_1.1.4_4A102_Restore.ipsw.zip」というファイルが入るのでこれをデスクトップ上に移動。
拡張子「.zip」を取り外し、「iPod1,1_1.1.4_4A102_Restore.ipsw」とリネームして使用できるようにしておく。

4. iPwnerボタンをクリックする。
作業時間は2~3分程度。
まずはこれでPwn化されたiPod touchが出来上がります。

5. 次にIPSW Builderボタンをクリック。
必要な項目をチェック。

ピクチャ 6


6. OKボタンをクリック。
新たに作成される.ipswファイルの保存場所を指定(デスクトップ上がいいかも)。
作業は1~2分で終了し、以下のようなカスタムipswファイルが作成される。

ピクチャ 3


7. PwnageToolを終了する。

8. iTunesを起動。
概要タブ画面に移りoptionキーを押しながら、復元ボタンをクリック。
先程作成した.ipswファイルを選択する。

9. 後はiTunesまかせで自動的に終了。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。