Photos,Apple,iPhone 4 & More
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新薬師寺
久々の寺社仏閣巡り。

IMGP0015_20080412005125.jpg

ここ数日続く曇り空を「今日は晴れ間がでないか」と朝からボーっと空を眺めていました。
午前10時過ぎ数分間空に晴れ間と日差しが戻ってきました。

急いでカメラを持って奈良市高畑にある「新薬師寺」へと向かいました。
NY在住の古い知人よりこの寺の写真を頼まれていたからです。
おそらく連日の雨で桜の花びらはほとんど散っているだろうけど、できるだけいい写真を撮ろうと思い急ぎ車を走らせました。

「新薬師寺」は聖武天皇眼病平癒祈願の為、天平19年(747年)勅願により光明皇后によって建立されました。

当時東大寺と共に南都十大寺の一つに数えられていました。
「続日本紀」によれば宝亀11年(780年)西塔に落雷、瞬時にして炎上、現本堂のみが焼け残りました。

創建時の新薬師寺は金堂、東西両塔などの七堂伽藍が建ち並ぶ大寺院でした。
最盛期には現在の奈良教育大学のキャンパスあたりまでが新薬師寺の境内地であったといいます。

寺名の「新」は「あたらしい」ではなく、「霊験あらたかな」の意味。

治承4年(1180年)あの平重衡の兵火で、東大寺、興福寺は主要伽藍を焼失したが、新薬師寺は焼け残りました。

桜の方はやはり連日の雨でかなり散っていましたが、本堂がどこか元々のひっそりと小じんまりとした雰囲気でたたずんでいました。
こういうお寺はむしろ奈良らしくて結構好きです。

帰りに南門の地面に金と銀のかえるが「気をつけてお帰りください」とお見送りしてくれました。
なかなか奈良らしく(?)シャレのつもりなのでしょうか。
そういえば「元興寺」にもかえるの置物があったような・・・。

IMGP0013.jpg

20枚近く撮影しましたが、見れそうな写真は6枚くらいしかありませんが一応こちらにアップしておきます。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。